モテ過ぎるダメ男の、とほほなセックスライフ

ケーブルテレビ局だから可能な大胆エロ描写が満載

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

 

スランプに陥った作家がセックスにおぼれる

『カリフォルニケーション ある小説家のモテすぎる日常 シーズン1 DVD-BOX』9333円(税抜)
発売元・販売元:パラマウント ジャパン
Californication(C)2007 Showtime Networks Inc. All rights reserved. SHOWTIME and related marks are registered trademarks of Showtime Networks Inc., A CBS Company. TM, R & Copyright(C)2010 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

その昔、“だめんず”なる言葉がはやったが、いつの世にもダメな男が好きな女性は存在する。

というわけで、第8回はアメリカの“だめんず”こと、モテ過ぎる中年男性のセックスライフと本音を描いた『カリフォルニケーション』を紹介する。

小説家のハンク(デヴィッド・ドゥカヴニー)は、著作がハリウッドで映画化されるほどの人気作家。が、現在はスランプでさっぱり新作を書くことができず、セックスにおぼれて、数々の女性と関係を持ちながら自堕落な日々を送っている。エージェントのチャーリー(エヴァン・ハンドラー)も、半ばあきれ顔。

だが、毒舌と皮肉な態度で相手を不愉快にさせ 、何かと周囲に迷惑をかける最低男ハンクにも、心から大切に思っているものがある。それは元恋人カレン(ナターシャ・マケルホーン)と12歳の娘ベッカ(マドレーヌ・マーティン)の存在だ。カレンは恋人と同棲中だが、ハンクを突き放すことができないでいる。一方、ハンクもカレンに未練たらたらだが、気ままな独身ライフを簡単にやめることはできないのだった。

ハンクと元恋人カレン
次ページ神をもおそれぬ不道徳なセックスがテーマ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT