北欧ミステリードラマが熱い!『キリング』

移民差別、政治腐敗、虐待…社会問題を反映

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

デンマーク国民の3人に1人が見た

『THE KILLING/キリング DVD-BOXⅠ』9800円(税抜)
発売元:クロックワークス
販売元:アミューズソフト
(C)Tine Harden

近年、北欧ミステリー文学が世界的なブームとなっている。この流れは、映像業界、特にハリウッドにも顕著だ。きっかけは、スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによるベストセラー小説『ミレニアム』と、その映画版とTVシリーズの成功にあるだろう。

原作は、第1部「ドラゴン・タトゥーの女」、第2部「火と戯れる女」、第3部「眠れる女と狂卓の騎士」の3部作。映画版も3部構成で2009年に公開され、劇場版ではカットされたシーンを追加し、再編集された完全版が翌年、全6話のミニ・シリーズとして放映された。いずれもスウェーデンほか各国で大ヒットを記録し、日本でも、その過激な内容とアメリカやイギリスの見慣れたミステリーとは違う、北欧の土地柄、お国柄からくるであろう独特の空気感、作風に多くのファンが魅了された。

2011年には、デヴィッド・フィンチャー(映画『ゴーン・ガール』『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)により、ハリウッドで第1部が映画『ドラゴン・タトゥーの女』としてリメイクされた。これを皮切りに、映像業界の北欧ミステリーへの注目度は格段に上がり、とりわけデンマークやスウェーデンで話題を呼んだ優秀なテレビシリーズが、相次いでアメリカでリメイクされている。

第26回は、デンマーク国民の3人に1人が視聴したという、同国至上最高の視聴率を記録し、アメリカのリメイク版も話題を呼んだ北欧ミステリードラマの代表作『THE KILLING/キリング』を紹介しよう。

『THE KILLING/キリング』予告編

次ページ執念の捜査20日間、全20話のドラマ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT