北欧ミステリードラマが熱い!『キリング』

移民差別、政治腐敗、虐待…社会問題を反映

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

デンマーク国民の3人に1人が見た

『THE KILLING/キリング DVD-BOXⅠ』9800円(税抜)
発売元:クロックワークス
販売元:アミューズソフト
(C)Tine Harden

近年、北欧ミステリー文学が世界的なブームとなっている。この流れは、映像業界、特にハリウッドにも顕著だ。きっかけは、スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによるベストセラー小説『ミレニアム』と、その映画版とTVシリーズの成功にあるだろう。

原作は、第1部「ドラゴン・タトゥーの女」、第2部「火と戯れる女」、第3部「眠れる女と狂卓の騎士」の3部作。映画版も3部構成で2009年に公開され、劇場版ではカットされたシーンを追加し、再編集された完全版が翌年、全6話のミニ・シリーズとして放映された。いずれもスウェーデンほか各国で大ヒットを記録し、日本でも、その過激な内容とアメリカやイギリスの見慣れたミステリーとは違う、北欧の土地柄、お国柄からくるであろう独特の空気感、作風に多くのファンが魅了された。

2011年には、デヴィッド・フィンチャー(映画『ゴーン・ガール』『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)により、ハリウッドで第1部が映画『ドラゴン・タトゥーの女』としてリメイクされた。これを皮切りに、映像業界の北欧ミステリーへの注目度は格段に上がり、とりわけデンマークやスウェーデンで話題を呼んだ優秀なテレビシリーズが、相次いでアメリカでリメイクされている。

第26回は、デンマーク国民の3人に1人が視聴したという、同国至上最高の視聴率を記録し、アメリカのリメイク版も話題を呼んだ北欧ミステリードラマの代表作『THE KILLING/キリング』を紹介しよう。

『THE KILLING/キリング』予告編

次ページ執念の捜査20日間、全20話のドラマ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。