アメリカは第2の9.11を阻止できるか?

CIAとテロリストの頭脳戦『ホームランド』

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

『24-TWENTY FOUR-』のスタッフが挑む意欲作

『HOMELAND/ホームランド DVD-BOX1』(2枚組)3200円(税抜)
発売元・販売元:20世紀フォックス ホームエンターテイメント ジャパン

アメリカ同時多発テロ以降、欧米の市民社会はイスラム過激派のテロの脅威にさらされ続けている。アメリカのエンタメにおいても9.11のアフターマス(余波)を描くことは定番中の定番。TVドラマでは、いかなるジャンルにおいてもテロを扱ったエピソードがないシリーズはないというほど、頻繁に目にする題材だ。

テロの脅威と闘うドラマの代表格には、9.11の直後にスタートした『24-TWENTY FOUR-』がある。現実を先取りしたリアリティに今さらながらに驚かされるが、ジャックの超人的な活躍ぶりを含めて、娯楽性が強いシリーズだ。

その『24-TWENTY FOUR-』のスタッフが、起こりうる第2の9.11の脅威に、真っ向から取り組んだ意欲作が『HOMELAND/ホームランド』だ。もともとアメリカのエンタメは時事ネタを取り込むことに長けているが、本作は現在進行形の中東問題におけるアメリカの苦悩と矛盾に鋭く切り込んだ、まれにみる社会派エンターテインメントの秀作である。

第23回は、エミー賞やゴールデン・グローブ賞ほか、数々の賞に輝く『HOMLAND/ホームランド』(2011年〜)を紹介しよう。

『HOMELAND/ホームランド』100倍楽しむ方法

次ページアルカイダからの帰還兵、その正体は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT