あの大物俳優たちがゲイカップルに!?

名匠ソダーバーグ、活動拠点を映画からTVへ

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

「海外ドラマは長すぎる」という人にお薦め

『恋するリベラーチェ』3800円(税抜)
発売元・販売元:TCエンタテインメント
(C)2013 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved

海外ドラマは長いから見る時間がないという人、または海外ドラマにはあまり興味のない映画ファンは、ぜひとも秀作の多いTVムービーに注目してほしい。

第21回は、昨年のエミー賞で作品賞を含む11部門を制覇したTVムービー『恋するリベラーチェ』(日本では劇場公開された)を紹介する。スティーヴン・ソダーバーグ監督、主演はマイケル・ダグラスとマット・デイモンというビッグネームがそろい踏みだ。

参考までに、アメリカのTVドラマにおけるTVムービーの位置付けを説明しておこう。

先月、米ロサンゼルスで開催された第66回エミー賞(Primetime Emmy Awards)受賞式の結果をお伝えしたが、本連載でこれまでに取り上げてきた作品は、エミー賞ではドラマ・シリーズ部門、コメディ・シリーズ部門にカテゴライズされる作品が主である。そのほかに、基本的に10話前後、そのシーズン限りで完結するミニ・シリーズ部門と、2時間程度のTVムービー部門がある。後者の2部門は、現在のように映画界の人材がTVに流入する以前から映画スターの活躍が目立つカテゴリーではあったが、近年はどこの映画賞なのかと思うほど豪華な顔ぶれとなっている。

『トラフィック』でアカデミー賞監督賞を受賞し、『オーシャンズ』シリーズのヒットメイカーでもあるソダーバーグは昨年、映画監督の引退を宣言し、活躍の場をTVにシフトしていることを、映画ファンならご存じだろうか。

近年は『ハウス・オブ・カード』のデヴィッド・フィンチャー、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』のマーティン・スコセッシほか、映画スターだけでなく、作り手も映画界からTV界へ本格的に参入している。

だが、さすがにソダーバーグの「映画監督引退」という決断は、業界内外に大きな衝撃を与え、波紋を呼んだ。ソダーバーグほど映画界で才能を発揮してきた監督が、なぜ世界に冠たるアメリカ映画界の第一線から退いたのか。その理由の一端を見ることができるのが、TVムービー『恋するリベラーチェ』である。

伝説のピアニストを大熱演したマイケル・ダグラス
次ページ秘密を抱えて生きる苦悩と心の叫び
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT