速報! 米テレビ界最高峰「エミー賞」発表

『ブレイキング・バッド』圧倒的強さで有終の美

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!
 今回は、米テレビ界最高峰「エミー賞2014の速報」をお届けしよう。

 

本日8月26日(日本時間)、米ロサンゼルスでテレビ界のアカデミー賞といわれる第66回エミー賞(Primetime Emmy Awards)授賞式が開催された。

『ブレイキング・バッド』が6部門制覇!

ドラマ・シリーズ部門は、ファイナル・シーズンとなる『ブレイキング・バッド』と新シリーズ『True Detective/二人の刑事』の闘いとみられていたが、『ブレイキング・バッド』が作品賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、編集賞と全6部門を制覇して有終の美を飾った。

主演男優賞は、『True Detective/二人の刑事』マシュー・マコノヒー、『ハウス・オブ・カード』のケヴィン・スペイシーらオスカー俳優をおさえて『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストンが同作のウォルター役で4度目の受賞。同シリーズからはアーロン・ポールが3度目の助演男優賞、アンナ・ガンが2年連続での受賞を果たした。

次ページロビン・ウィリアムズへのトリビュートも……
関連記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。