米男性、週末集まり『ザ・ソプラノズ』鑑賞

中年の危機…マフィアも仕事と家庭の板挟み

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

 

カウンセリング通いをするマフィア

『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア〈シックス・シーズン〉』セット1(4枚組)4980円(税抜)
発売・販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
(C)2014 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

人生の後半にさしかかると訪れるミッドライフクライシス(中年の危機)。現代社会では40歳前後から陥る人が多いとされているが、身体的・肉体的な症状の重さは人それぞれとしても、ふと何もかもが虚しくなったり、仕事や人生の選択がこれでよかったのかと不安を感じることは、誰にでも訪れる可能性があるだろう。それがたとえ、マフィアだったとしても。

第19回は、仕事と家庭のプレッシャーによる板挟みで心身のバランスを崩し、周囲に隠して精神科医のカウンセリングに通うマフィアが主人公の『ザ・ソプラノズ』(1999~2007年)を紹介しよう。

ニュージャージーを縄張りとするイタリア系マフィア、ソプラノファミリーの初代ボスの長男である、通称トニーことアンソニー・ソプラノ(ジェームズ・ガンドルフィーニ)。父親が亡くなり、伯父の通称アンクル・ジュニアがボスの地位に就くが、やりたい放題で実務能力ゼロ。実質的なボスとして、トニーが右腕の相談役シルヴィオ、幹部ポーリー、使いっ走りの甥クリスらをまとめてリーダーシップを発揮し、組織の繁栄を牽引している。

心休まる場所のないトニー(右。場面写真はシーズン6より)
次ページ部下の不満をなだめ、親族の問題に苦労
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。