稀代の悪役「ハンニバル」がドラマで復活!

これぞ元祖・犯罪プロファイリングの真骨頂

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

アーティスティックなサイコスリラー

『HANNIBAL/ハンニバル DVD BOX』1万229円(税抜)
発売元・販売元:KADOKAWA 角川書店
(C)2013 Chiswick Productions LLC. All rights reserved.
※10月3日レンタル開始、11月7日発売予定

“サイコ”という言葉は、アルフレッド・ヒッチコック監督の名作『サイコ』(1960年)によって世界中に広まった。同じく、犯罪の性質や特徴を行動科学的に分析し、具体的な犯人像を推論する”プロファイリング”という捜査方法を世に知らしめたのは、稀代の悪役ハンニバル・レクターを生んだトマス・ハリスのベストセラー小説を映画化した『羊たちの沈黙』(1991年)である。

1994年にはハリスの小説のモデルにもなった、元FBI特別捜査官ロバート・K・ケスラーの著書『FBI心理分析官』が日本でもベストセラーを記録した。以後、シリアルキラー(連続殺人犯)、プロファイラーという言葉は、日本の刑事ドラマやサスペンスでも頻繁に登場するようになった。

第22回は、いまだ世界中でカリスマ的な人気を誇るハンニバル・レクター博士が待望の復活を果たした、刺激的でアーティスティックなサイコ・スリラー『HANNIBAL/ハンニバル』(2013年~)を紹介しよう。

次ページ「空白の時間」を描く
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。