これが「犯罪捜査サスペンス」の金字塔だ

アメリカの“今”を映し続けた20年

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

 

刑事ドラマ+法廷ドラマの2部構成

『LAW&ORDER/ロー・アンド・オーダー〈ニューシリーズ1〉DVD-BOX』7933円(税抜)
発売元・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
c 2004/2005 Universal Studios. All Rights Reserved.

アメリカのドラマは、実によくそのときどきの社会を反映している。映画でも実話をベースにした作品は多いが、企画から何年(規模にもよるが10年単位が普通)もかけて公開に至る映画に比べて、TVドラマは制作のスパンが短い分、よりダイレクトに“今”を描いている。

そして、アメリカで起きたことは数年遅れて、日本でも起こると言われ、そのスピードは加速していると考えられる。

第9回は、クライム・サスペンスの金字塔『LAW&ORDER/ロー・アンド・オーダー』を紹介する。刑事ドラマ+法廷ドラマの要素を持つ娯楽作ながら、一流の社会派エンターテインメントとして非常に優れた長寿シリーズだ。

世界の観光地であり、人種のるつぼである大都市マンハッタン。ニューヨーク市警(NYPD)27分署の刑事たちは、日々、休みなく街の治安を守るべく、凶悪犯罪の捜査に当たっている。

毎回、冒頭のアバン(オープニングに入る前のプロローグ)で事件が起こり、1時間弱のドラマの中で約半分程度の割合で、容疑者の逮捕までを描くのが基本パターンだ。

そこから先は、検察の出番となる。容疑者は起訴され、裁判が行われる。この過程で、検察が刑事の捜査の裏付け、または疑問が浮上したり新事実が出てきた場合は、検事補が現場に赴き、聞き取り調査や刑事のような仕事をすることもある。反対に、刑事たちが法廷で証言を求められることもある。

最終的には、陪審員制による裁判(例外もある)によって判決が出て、量刑が決まるところまでが描かれる。つまり、『LAW&ORDER(法と秩序)』というタイトルが示すように、本作は正味1時間の中にアメリカの刑事法体系を凝縮して描いているのだ。


 LAW&ORDER/ロー・アンド・オーダー〈ニューシリーズ1〉」予告編

次ページ無駄がなくスピーディ、登場人物の私生活も描かない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT