稀代の悪役「ハンニバル」がドラマで復活!

これぞ元祖・犯罪プロファイリングの真骨頂

ハンニバルとウィル

ハンニバルとウィルは対の存在である。イギリス人俳優ヒュー・ダンシーが演じるウィルの、優秀だが繊細で情緒不安定、そしてどこか狂気を秘めたキャラクターと、静かな自信に満ちあふれ、世のサイコパスの心理を自在に操りながら、自身も独自の価値観に従って殺人を重ねているハンニバル。2人は相関関係にあり、どちらが欠けても作品の魅力は半減する。

ウィルは気づいていないが、2人は追う者と追われる者、対極に位置する存在でありながら、同時に強く共鳴し引かれ合っている。ウィルは未解決の事件を解くために犯人(=ハンニバル)をプロファイリングし、知らず知らずのうちにハンニバルの心の闇に近づき、ハンニバルはウィルをカウンセラーとして分析しながら、十分な好敵手として好意、あるいは愛情さえ抱いているようにも見える。

先述の『FBI心理分析官』の冒頭では、ニーチェのこんな言葉が引用されている。

「怪物と闘う者は、その過程で自分自身も怪物になることがないよう、気をつけねばならない。深淵をのぞきこむとき、その深淵もこちらを見つめているのだ」

『HANNIBAL/ハンニバル』の醍醐味は、まさにこの言葉が意味するところにあるだろう。つまり、ウィルとハンニバルは対極にありながら、その間にある境界線は非常にあいまいであり、2人の間のパワーバランスの微妙な変化にこそ、究極のスリルがあるのだ。

米NBCが限界に挑戦

米国ドラマは、年々過激な描写が加速して好まれる傾向にある。それは規制の緩いケーブル局の番組の専売特許でもあるが、日本でいうところの民放にあたる地上波でも過激な描写は増えている。そんな中、米3大ネットワークのひとつであるNBCで放送されている本作は、ギリギリのところまで挑戦している点でも注目に値するだろう。

しかし、本作で特筆すべき過激さとは、残酷な描写をダイレクトに見せつけることではない。ハンニバルの料理に代表されるように、あくまでも視聴者の想像に委ねることによって、その過激さは大げさに言えば無限大となりえるのだ。説明過多にならず、映像として見せているものの、意味深なセリフによって視聴者の想像力を引き出す。こうした演出方法、作風は良質の映画を思わせるものであり、また放送局と作り手が視聴者を信頼しているからこそ、成り立つとも言えるだろう。

次ページシーズン2のエピソードは日本の懐石料理
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。