ゾンビ人気沸騰中! 『ウォーキング・デッド』

極限状態で最も怖いのは、実は人間

ウォーカー(ゾンビ)の集団に襲われるリック

リックたちが言うところのウォーカーの始まりは、何らかのウイルスに感染したものと思われるが、原因は不明だ。ある日突然、気づいたらこうなっていたという状況設定は、かつてのエイズやエボラ出血熱など、人類につねにつきまとうパンデミックの恐怖と重なる。

近年の映画などでは高速で走ったり機敏に動くゾンビも描かれて、マニアには賛否両論だったりするが(筆者はマニアではない)、本作のウォーカーは基本的にもったりした動きでステレオタイプと言えるだろうか。知能は有しておらず、人間の生肉を食すために襲う行動は本能的なもので、銃で撃たれたり、体の一部がなくなったりしても動き続けることができる。

ゾンビの“半生感”がリアルなワケ

ウォーカーの活動を止めるには、脳幹にダメージを

活動を止めることができるのは、脳幹にダメージを与えることでのみ(ゾンビもので脳を破壊することは、お約束だ)。そのため、劇中では斧でぶったぎる、刃物や鋭い棒などで刺す、銃弾を撃ち込むなどでウォーカーを撃退する。

さすがに、これらのシーンやウォーカーの造形は気味が悪く、“半生感”がリアルで、グロテスクな部分は当然あるが、悪趣味にすぎるという感じではない。

ひとつには、グラフィック・ノベルを思わせる抑えたトーンの色調と、渇いたタッチの映像世界に負うところが大きい。あえて16ミリフィルム(VFX使用シーンは35ミリ)にこだわり撮影された映像は、ざらついた感じがどこかレトロ調かつシャープで洗練されている。

ちなみに、ゾンビの特殊メイクや死体がリアルなのは、実は『ER緊急救命室』や『CSI:科学捜査班』で医学的に正確な死体や傷口、損傷や腐敗などの表現が必要とされたことで、技術的な質が底上げされたというのが面白い(出典「TV Horror: Investigating the Dark Side of the Small Screen」より)。

次ページ現実の人間関係と変わらない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。