締め切りぎりぎりに作って、すぐ世に出す--『871569』を書いた箭内道彦氏(クリエーティブディレクター)に聞く


--「くやしさ貯金」が貯まった人にはよくわかる本と、自己診断していますね。

芸大にどうしても行きたくなって、4回受けて4回目で入った。だが、芸大を落ちるたびにどんどん視野が狭くなって、入れたら俺の人生、もうそれでいいやみたいに。自分にしか描けない絵がわからないし、自分が何をやりたいのかもわからないうちに、大学の4年間が終わった。

アンチと言っていると格好がいいみたいなところがあって、とかく逆を選ぶ習性がある。巨人ではなくて阪神が好きとか、一般大学に行かずに美大に行くとかもそう。周りが就職しないで芸術家として生きていくと聞くと、ではもっとたくさんの人にわかる芸術と反対の仕事に就こうと、広告の世界を選ぶ。ただこれも、たまたま行けた感じだった。

--博報堂で在社13年のほぼ半分は空白の時だったとか。

本当に空白。スターが集まったクリエーティブチームでないところに配属されたこともあるが、自分で自滅していた。広告やデザインはこうでないといけないと考えすぎて、どうしていいかわからなくなった。今振り返ると、周りが悪かったわけではなくて、自分で自分をなくしていた7年間だった。

--その後、変化を遂げます。

会社の同期や後輩が活躍しているのを見て、気が狂いそうになるぐらい実は焦ったりしていた。変化の理由はいろいろあるが、金髪にしたというのがいちばん大きい。金髪なのにろくなものを作ってなかったら、なんか格好が悪い。そう言われないものを作ろうと自分を追い詰めることができた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。