締め切りぎりぎりに作って、すぐ世に出す--『871569』を書いた箭内道彦氏(クリエーティブディレクター)に聞く


--時代ととことん併走……。

時代の先を行くのでなく、遅れるのでもなく。そのために必要なことは、締め切りぎりぎりで作ってすぐ世の中に出すこと。思いついてから世の中に出るまでを、いかに短くできるかがポイントだ。

今は世の中の匂いや空気感がすぐに変わっていくから、明日からオンエアの作品でも「変えさせてください」と、1回出来上がったものをぎりぎりで変更したこともある。周りは迷惑しているだろうが。

--書店に行かないそうですね。

影響を受けたくないから。この数年間に読んだ本は数冊しかない。それはMCをしているテレビ番組のゲストの方の本。それしか読んでない。逆に言えば、まねしないで済んだともいえる。また、本を読むたびに自分の小ささみたいなものを思わずに済む。これも大きい。

(聞き手:塚田紀史 撮影:吉澤菜穂 =週刊東洋経済2010年9月11日号)

やない・みちひこ
1964年生まれ。東京芸術大学美術学部デザイン科卒業。博報堂を経て、2003年「風とロック」を設立。数々の話題の広告キャンペーンを手掛ける。タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」、資生堂「uno」お笑い芸人52人CM、東京メトロ「TOKYO HEART」など。フリーペーパー『風とロック』編集長。

『871569』 講談社 1575円 237ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。