ワクチン「希望せずから接種へ」心変わりのワケ

第5波感染拡大が「接種意向」に与えた影響とは

7月時点で新型コロナウイルスのワクチンの接種を希望していなかった人は、第5波感染拡大により「接種意向」に変化はあったのでしょうか(写真:shu/PIXTA)

7月後半から続いたいわゆる新型コロナウイルス感染の第5波は、8月後半以降急速に収束に向かった。その背景の1つに、国内でワクチン接種が進んだことがあげられるだろう。

ニッセイ基礎研究所が2020年6月から定期的に実施している「新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」によると、2021年7月初旬(7月5日~7日に調査実施)に、新型コロナウイルスのワクチンの接種を希望していなかった人のうち、49.8%は9月末(9月22日~29日に調査実施)においても接種を希望していなかったが、36.8%は9月末までに接種、または接種予約をするなど接種に向けて行動をおこしていた。

感染の第5波では、ピーク時には、1日の感染者数が連日2万人を超え、自宅療養中に亡くなった人や病院に搬送できなかった人がいたことが多く報じられた。また、若い人や基礎疾患を持たない人の感染や重症化も報じられた。こういった感染の拡大にともなう不安もワクチン接種を後押しした可能性がある。

7月時点で接種を希望していなかった人のその後

そこで、本稿では、7月調査で接種を希望していなかった418名のうち、9月調査でも接種を希望していなかった208名と、9月調査までに、接種または接種予約をしていた154名の感染に関する不安にどういった違いがあったのかを紹介する。

まず、7月調査と9月調査の両方に回答をした2347人について、ワクチン接種状況・意向を図表に示す。

ワクチンを接種、または予約をした人(「二回目まで接種を完了している」「一回目の接種は終えている」「一回目の接種予約は完了し、接種日を待っている」)は、合わせて7月の37.3%から9月の81.5%に大幅に上昇している。

ワクチンは、年齢が高い人から順に接種予約できた自治体が多かったため、接種は高年齢ほど先行している。

(※外部配信先では図をすべて閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

■7月調査、9月調査におけるワクチン接種状況・意向

(出所)ニッセイ基礎研究所「新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」
次ページ接種希望していない人の心境変化はあったか
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT