日本人の旅に今まさに起きている「5つの大変化」

今だからこそできる旅の形を探してみないか

ウィズコロナ時代の旅行は、これまでとどう違ってくるでしょうか?(写真:Satoshi-K/iStock)

外務省が”史上初”となる全世界への不要不急の渡航自粛要請を発出したのは、2020年3月25日夜。「海外旅行」は特別なモノとなりました。さらに、それから度重なる緊急事態宣言。緊急事態宣言の隙間のGo To トラベルーー。

あの日以来、私たちの旅のカタチは大きく変わってしまいました。

そんな中ですが、最後の緊急事態宣言が明けた今年の10月以降は、少しずつ旅機運も高まってきており、観光地にも人が戻りつつあります。コロナ禍での新しい旅のカタチは、以下のような5つの変化が伴うと考えられます。

個人旅行は「リサーチ力」が重要に

1. 個人旅行が増加するものの不安な人にはツアー

密を避けることが大前提となるコロナ禍の旅では、少人数の個人旅行のほうが安心して旅行できることでしょう。2020年にじゃらんが調査した新型コロナウイルス感染症拡大による旅行価値観の変化においても、個人旅行の増加の傾向はコロナ禍で顕著に見られます。

ですが、安心して個人旅行を行うには、個人のリサーチ力が必要です。観光地やホテルのコロナ対策は大丈夫か、安心して移動できる手段はあるか、現地の人たちの受け入れ態勢がどうか……。その手間を考えると、ツアーを選ぶという選択肢も出てくると思います。

コロナ禍でのツアーは、旅行会社が十分なコロナ対策がされている観光地やホテル、飲食店を選定していたり、食事はグループ別で他の参加者との交流を減らしていたり、毎日検温を必ずして参加者の体調管理をしてくれたりもします。

そのため、体温計を持ち物に入れるツアーもあります。旅行会社も旅行中にコロナ感染者を出さないよう、最大限配慮してくれますので、ツアーはツアーで安心して旅行できるというケースもあると思います。

いずれにせよ、旅をする上でできる限りの不安が払拭された方が楽しめると思いますので、ご自身で安心できる旅の仕方を選ぶといいでしょう。

次ページ「インスタ映え」ではなく、自分オリジナルな場所へ
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT