日本人の旅に今まさに起きている「5つの大変化」

今だからこそできる旅の形を探してみないか

では、旅行先の観光客受け入れ態勢をどのように調べたらいいか。一番わかりやすいものは、旅行先の自治体が観光キャンペーンです。すでに観光客を呼び戻すための施策をGo To トラベルに先立って実施している自治体も多くあります。

そうやって観光客の受け入れキャンペーンを行っている自治体は、自治体側もウェルカムでしょうし、地元の人たちの理解も得られているはずなので、こちらさえ準備万端で行けば問題ないことでしょう。

そういったキャンペーンは、ほとんどがインターネットで調べられますので、出発前までに調べておくことをオススメします。

「Go To Travel 2.0」を待つばかり

以上のような旅のカタチに変化が出てきたここ1年半。海外旅行に関しても、まだ時期は見えませんが、いよいよ帰国後14日間の待機措置が撤廃となる日を待つばかりとなりました。

ちなみに、その海外旅行で今後起きそうな変化では、ワクチンパスポートが広い国で使用できるようになることに加えて、海外旅行保険の加入ならびその保険の英文の契約書持参は必須になってくると予想されます。

それは、万が一、現地でコロナに感染し入院した場合に備えておくためです。受け入れる国も、医療費が払えない人を受けるのはリスクしかありません。また、国によっては、入国ビザなどの入国条件がコロナ前から変更になっている場合もあるので、つねにそうした最新情報のチェックは必要になってくるでしょう。

そんな新しい海外旅行を夢見つつ、それまでは国内旅行を満喫しようと考えている方も、私を含めて多いはず。「Go To Travel 2.0」も年明けから始まるのではと予想されており、いよいよ新しい旅のカタチで多くの人が旅できる社会に戻りそうな気運が高まってきました。コロナ対策を万全に施しながら、コロナ禍でもできる新しい旅のカタチを実践して、安心・安全で新しい旅を楽しみましょう。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT