実家から逃げられない「寺の跡取り娘」悲壮な告白

僧侶の父のモラハラ、結婚相手も制限され・・・

「お寺の子」の人生とは――? (写真:瑞樹さん提供)

以前この連載で「牧師さんの娘」の話を紹介したことがあります。「周りの子と違う」境遇に居心地の悪さを抱いてきた彼女は、似た環境ながらも周囲とはなじんだ「お寺や神社の子」をうらやんでいたものですが、今度はその「お寺の子」から連絡をもらいました。

姉妹の長女として、婿をとり「寺を継ぐ」ことを期待されて育った瑞樹さん(仮名、30代)。いまは地元を離れているという彼女も、「教会の子」とはまた違ったしんどさを感じてきたようです。

落ち着いた口調で、的確な言葉を選んで話す様子に、なんとなく「お寺の人っぽさ」を感じた筆者も、ある種のステレオタイプにとらわれているのかもしれません。これまで見て、感じてきたことを、教えてもらいました(取材は2021年7月)。

父の実態を知られれば「檀家さんに見放される」

両親、そして同居する祖父母は、いずれの組み合わせも不仲でした。「四つ巴(よつどもえ)の状態」だったというので、かなり穏やかではありません。

この連載の一覧はこちら

母親はおっとりとした性格で、父親にあまり逆らわないタイプでしたが、たまに「ちょっと違うんじゃない?」と意見などすると、父親はたちまち機嫌を損ねてしまいます。「家の空気がピリピリ」程度でおさまればいいのですが、「ドカーン」と爆発することもたびたび。母親に手を上げることもありました。

「機嫌がよければふつうにしゃべれるんですけれど、急に沸点が来ると、もう手がつけられなくなっちゃうんです。どこに怒らせるポイントがあるかわからないのも、面倒でした。まったく理解がないかというとそうでもなくて、『え、そこはいいんだ?』みたいなこともあって、基準が全然わからない。母からは(父のことを)『身体の大きな弟だと思いなさい』と言われるんですけれど、無理じゃないですか」

難しそうです。なぜ子どもが自分をだましてまで、親を受け入れねばならないのでしょうか。

何より耐えがたかったのは、家ではこれほど横暴な父親が、外では「人の道を説く僧侶」であることでした。酒を飲んでは「俺の稼いだ金で飯を食うな」と暴言を吐き、母親が用意してくれた食事を捨てたり、「女のくせに」と母親をこき下ろしたりしているその人が、「すべての人間は平等。お肉や野菜、食べ物はすべて何かの命をいただいている」などと教えを説き、一時は地元の保護司まで引き受けていたのです。

次ページ「『ちゃんとした人』というイメージがあるけれど…」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT