30歳女性が「結婚白紙」で初めて親を恨んだワケ

憎めなかった父、自由に生きる母への思い

家族の定義は、それぞれの家庭で違っていて当たり前なのではないでしょうか(写真:筆者撮影)

“両親と血のつながった子ども”という、いわゆる「ふつうの家族」とは違う環境で育った人たちのなかには、親や周囲を恨み、怒り悲しんでいる人もいれば、むしろ誇りに感じている人もいます。

親の離婚や再婚を通して深く傷つき、長く癒えずにいる人もいれば、損なわれることなく、その後の人生を楽しんでいる人もいます。

その差は、いったいどこから生まれるのか? 筆者自身が離婚して、ひとり親というある種イレギュラーな立場に立ってから、ずっと考えてきたことです。

中山あゆみさん(仮名・30歳)は、自分の親きょうだいに誇りをもつ後者のタイプでした。以前付き合っていた人から、両親の離婚や母親の信仰を理由に「結婚しない」と言われた際、初めて「スティグマ(世間による個人への負の烙印)を背負わせてくる社会に憤りを感じた」といいます。

公務員として働き、現在は信頼する新しいパートナーと結婚の約束をしているあゆみさんに、話を聞かせてもらいました。

両親の離婚、異父・異母きょうだいたち

両親がいつ離婚したのか、正確なことはわかりません。父親が帰ってくる日がだんだんと減り、いつの間にか「お父さんの家」が別にできていました。別居かと思っていたら、ある日母親が「うちは離婚したのよ」と知り合いに話しているのを耳にしたのが、小2か小3のとき。

この連載の一覧はこちら

当時中学生だった7歳上の姉や、母親の話を断片的につなぎあわせると、離婚原因はどうやら父親の浮気と、会社の倒産でした。母親と折り合いの悪い祖母が、あゆみさんたちと一緒に暮らすようになったのも、父親が母の実家の土地を担保に入れていたせいらしい――。はっきりしないものの、「いろいろあったよう」でした。

次ページ「かわいそう」は、はた迷惑な言葉
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。