兄が性犯罪を繰り返した女子高生の激しい苦悩

なぜ彼女はこれほどまでに引きずったのか

兄の度重なる痴漢に悩まされてきた妹。彼女が長く引きずった理由とは?(写真:筆者撮影)

兄が痴漢をして最初に捕まったのは、女子高に入学したばかりの頃。こんなことを周囲に知られたら、もう学校には通えなくなる――。

取材応募メッセージには、誰にも相談できず一人でつらさを抱え込んだ、10代の頃の女性の思いが記されていました。

コロナの感染拡大状況をにらみつつタイミングをはかり、ようやく彼女と会えたのは8月下旬。客がまばらなカフェで、ガラス壁の向こうに広がる緑を眺めていると、レジ脇の通路から、明るく気のまわりそうな女性が姿を現しました。

元気そうな見た目と、メッセージでもらった壮絶な内容が結びつかないのは、この連載の取材ではよくあることなのですが、このときも近づいてきた彼女に話しかけられるまで、「本当にこの人かな?」と思っていたのが正直なところです。

水谷由芽さん(仮名)、30歳。2年前に鬱病を患った彼女は、兄が起こした犯罪そのものより、彼女が抱えた苦悩に気付かず、むしろひとりで抱え込ませてしまった親の態度に、深く傷ついてきたようです。何が彼女を苦しめたのか、順を追って、聞かせてもらいました。

私の気持ちを誰か聞いてくれないの?

この連載の一覧はこちら

家族は両親、2歳上の兄、由芽さんの4人でした。勉強はよくできるものの、コミュニケーションが不得手で友達がいない兄と、勉強もできて友達も多い由芽さん。でも、いつも両親の注目を集めるのは兄で、同じことをしても兄ばかり褒められることに、ずっと違和感があったといいます。幼少期から、兄と遊んだ記憶はほとんどありません。

兄が痴漢で捕まったのは、由芽さんが高校に入ったばかりの頃でした。前日の夜、親が急に外出したので何かあったことはわかっていたのですが、母親から事情を聞かされたのは翌日、彼女が学校から帰ったあとでした。

「『はぁ?』という感じです。意味がわからない、と思って。まだ本当に高校に入ったばかりで、自分の居場所が学校にないときだったし、『これがバレたら学校行けなくなる』と思って。こんなの恥ずかしくて、誰にも言えないし」

次ページ再び兄は…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT