キリスト教「牧師家庭」で育った26歳女性の葛藤

総人口の1.5%という人々の知られざる生活

牧師家庭に育った人の人生とは?(写真:筆者撮影)

いろんな環境に育った人にお話を聞かせてもらう、というのがこの連載の趣旨ですが、「牧師家庭に育った人の人生」というのは、今回連絡をもらうまで想像したこともありませんでした。

牧師、と聞いて最初に頭に浮かんだのは、昔見たアメリカのTVドラマに出てきたまじめそうなおじさんですが、その人には子どもはいませんでしたし、筆者が昔偶然通った幼稚園もキリスト教の系列でしたが、牧師さんはほとんど見かけませんでした。牧師さんの家庭生活も、その子どもの日常も、ちょっとイメージが湧きません。

連絡をくれた諸田ひかりさん(仮名、26歳)は、数年前に洗礼を受けてクリスチャンになったものの、小さい頃は周囲から特別な目で見られることが多く、とても嫌だったといいます。

待ち合わせたのは、関西のある街の明るいカフェでした。ひかりさんは話すことにとても集中しており、運ばれてきたにぎやかなスイーツさえ、あまり気に留めない様子でした。

「普通」がうらやましかった

小さい頃ひかりさんは、家が教会であること、親が牧師であることが嫌でたまらず、「普通の家庭の子がうらやましい」と感じていたそう。

この連載の一覧はこちら

例えば、周囲は親がサラリーマンで土日やお盆が休み、という子が多かったのですが、教会では毎週日曜に礼拝があり、土曜日はその準備にあてられていました。週末に家族で出かけることはかなわず、夏休みに祖父母の家に行くのも土日を避けるため、いとこに会えることもありませんでした。

休み明け、友達が「どこに出かけた」とか「いとこと遊んだ」などと話しているのを聞くと、うらやましく感じたそう。今となれば、土日やお盆が休みではないおうちも世の中にはたくさんあるとわかるのですが、当時、周囲にはたまたまいなかったのです。

次ページ住まいと教会が一体化したつくりだったため…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。