31歳で「自分は養子」と知らされた女性の本心

結婚を機に初めて知った真実に娘は…

自分が養子だと知らずに育ち、31歳で「真実告知」をされた女性の気持ちは…(写真:筆者撮影)

養子として育った人はどんな思いで人生を歩んでいるのか――。

日本では、“血縁の両親と子ども”がいわゆる「ふつうの家族」と考えられ、これと異なる環境に育つ子どもは「変わった家の子」「かわいそう」と見られがちです。でも実際、いわゆる「ふつうの家族」ではない環境でも、のびのびと育っている子どももたくさんいれば、形が「ふつう」でも、親との関係に苦しんでいる子どもも少なからずいます。

今回連絡をくれた千秋さん(仮名)は、32歳。昨年結婚をする際に、親から特別養子縁組で家に迎えたことを聞かされました。「青天の霹靂のような衝撃」を受けたものの、これまでを振り返って自身を「かわいそうだったとは思わない」という彼女の話を聞きに、ある地方都市へ。小雨の降る朝、駅前のホテルにある、静かなカフェで落ち合いました。

結婚を機に両親から「実は養子だった」

「特別養子縁組」というのは「養子縁組」の1種です。養子縁組は、血縁とは関係なく法的に親子関係を生じさせる制度で、「普通養子縁組」と「特別養子縁組」の2種類があります。

この連載の一覧はこちら

「普通養子縁組」は生みの親との親子関係が残るのに対し、「特別養子縁組」は生みの親との関係がなくなります。「特別養子縁組」は、子どもの年齢が6歳未満に限って認められてきましたが、今年の6月、年齢を「15歳未満」に引き上げる法律が可決されました(施行はまだ)。

現在、特別養子縁組の成立件数は年間約600件。これは10年前の2倍近い数字ですが、今後も増えていくことが予想されています。

ここ数年、特別養子縁組で子どもを迎えた親たちの情報発信は増えてきましたが、養子となった子ども本人からの声は、なかなか聞こえてきませんでした。そんななかで今回連絡をくれたのが、千秋さんでした。

次ページ子どもの頃に感じた疑問
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。