自ら毛を抜く「抜毛症」に陥った女子大生の壮絶

自分を責め続け、気づけば入院する事態に

抜毛症で大学にも行けなくなった小林さんのその後とは…?(写真:筆者撮影)

脱毛症ではなくて「抜毛症」? 初めて目にする単語でした。調べてみると、自分で自分の頭髪を引き抜いてしまう症状とのこと。「抜かなければいいだけでしょ」と思われそうですが、自分の意志ではやめられないのが「抜毛症」なのです。

画像を検索すると、髪が部分的にない人もいれば、頭皮全体の半分以上が露出した人もいて、抜毛の度合いは人によって異なることがわかります。

この連載の一覧はこちら

連絡をくれたのは、福岡県に住む小林香也子(こばやし・かやこ)さん、43歳。もうすっかり症状はなくなりましたが、高校生の頃から10年近く、抜毛症に悩まされました。

「どん底にいた20歳のとき、いつか明るいメッセージを発信する人になろうと決めた」という彼女に、話を聞かせてもらいました。

「頑張れていない自分」が怖かった

今から20年以上前。小林さんが、髪の長い女子高校生だった頃のことです。

「最初は癖みたいな感じで、1、2本抜いていたんです。もちろん病気とは思っていませんでした。でもだんだんココ(頭頂部)が円形に抜けてきて、親もびっくりして、『やめようよ』と言われるようになって。

インターネットもそんなに普及していない時代だったので、“抜毛症”ともわからなかった。受験のストレスかな?と。だから大学に受かったら治ると思っていました」

その後、実家からやや離れた大学に無事合格し、寮で一人暮らしをスタート。初めは髪を抜かずにいたのですが、半年くらい経って症状が再発しました。

「ばーっと抜き始めたとき、『ああ、これはストレスとかではなく、精神的な病気なのかな』と思い、大学病院の精神科に行ってみたんです。そうしたら『抜毛症という病気ですよ』と言われて。薬をもらえたので、これで治るのかなと思い、通っていたんですが、症状はひどくなるし、薬の副作用がひどくて、だるくて起き上がれなくなって。寮でずっと寝ているようになり、大学にも行けなくなってしまいました」

次ページ孤独感でいっぱいになった小林さん
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。