33歳「ヴィジュアル系」の彼が抱く生きづらさ

適応障害、うつ病…バンドをやめて裏方に回る

ヴィジュアル系バンドで活動する彼の抱える生きづらさに迫る(写真:Kenchangさん提供)
独自のルールを持っていたりコミュニケーションに問題があったりするASD(自閉スペクトラム症/旧・アスペルガー症候群)、落ち着きがなかったり不注意の多いADHD(注意欠如・多動性障害)、知的な遅れがないのに読み書きや計算が困難なLD(学習障害)、これらを発達障害と呼ぶ。
今までは単なる「ちょっと変わった人」と思われてきた発達障害だが、生まれつきの脳の特性であることが少しずつ認知され始めた。子どもの頃に親が気づいて病院を受診させるケースもあるが、最近では大人になって発達障害であることに気づく人も多い。
発達障害について10年程前に知り、自身も長い間生きづらさに苦しめられていたため、もしかすると自分も発達障害なのではないかと考える筆者が、そんな発達障害当事者を追うルポ連載。発達障害当事者とそうではない定型発達(健常者)の人、両方の生きづらさの緩和を探る。
第18回となる今回は、ヴィジュアル系バンド、「ごるさが」でギターを担当しているKenchangさん(33歳)。彼は、自分は発達障害のグレーゾーンなのではないかと悩みながらも大好きな音楽活動に勤しんでいる。
筆者自身、ヴィジュアル系バンドが好きだ。しかし、大変失礼であるが、ごるさがは知らなかった。Kenchangさんから「連載を読んで共感しました。自分も発達障害かもしれないので、取材を受けてカミングアウトしたい」とTwitterのDMが届き、このたび取材を実施した。

公務員を目指すも面接でうまくいかない

事前にTwitterやブログ、YouTubeの映像等で本人についてリサーチをし、明るそうなイメージを抱いていたものの、実際にお会いすると、物静かな印象を受けた。

この連載の一覧はこちら

幼い頃はとにかくおとなしく、自分の意見を言わない子どもだったKenchangさん。つねに大人の顔色をうかがって怒られないようにしていたという。「自分は他の人と違っておかしいのではないか」。そう感じ始めたのは、一浪して東京外国語大学に進学し、就職活動を始めた頃だった。

「先輩に公務員を目指す人が多かったので、とりあえず自分も公務員を目指そうと国家試験の勉強を始めました。でも、一次のペーパー試験は通るのに、面接でうまくいかない。面接官の質問の裏にある意図がまったく読めないんです。なぜこの人はこんな質問をしてくるのだろうと考えてもわからない。特に、ダメだったのがグループディスカッション。議論をまとめられないし、自分だけ的外れなことを言ってしまうんです」(Kenchangさん)

地元である宮城県庁の一次試験に通り、喜んでいたものの二次の面接に通らず、自殺という言葉が脳裏をよぎるほど追い詰められていた。

次ページ塾の仕事が合わず、適応障害に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。