小島慶子「苦しいあなたはここにいていい」

発達障害を告白した彼女が語る社会の難しさ

46歳にして軽度のADHDであることをカミングアウトした小島慶子さん。発達障害と診断されてどう受け止めているのか、ご本人にうかがいました (撮影:今井康一)
最近耳にすることが多くなった「大人の発達障害」。不注意が多かったり衝動的な言動があったりするADHD(注意欠如・多動性障害)、極度のこだわりやコミュニケーションに問題のあるASD(自閉スペクトラム症)、知的な問題はないのに読み書きや計算が難しいLD(学習障害)の主に3種類に分けられ、症状の出方は人それぞれで、グラデーション状の障害だ。
発達障害について関心が高まる中、タレントでエッセイストの小島慶子さんが46歳にして軽度ADHDであることを昨年カミングアウト。筆者はこれまで若年層の発達障害当事者の生きづらさについて取材をすることが多かったが、40代で発達障害と診断された小島さんは現状をどう受け止めているのか。そして、発達障害に限らず、40代ならではの生きづらさについて話を聞いた。

時間を忘れてしまう、記憶が上書きされてしまう

――小島さんは昨年7月、『日経DUAL』のエッセイで軽度ADHDを抱えていることについてカミングアウトされました。カミングアウトされてから、周りの反応は変わりましたか?

この連載の一覧はこちら

小島 慶子(以下、小島):身の回りの親しい人には以前からADHDと診断されたことは話していたので特に変わったことはありませんでした。でも今、週1回、新聞社の会議に出ているのですが、そこのスタッフの方から「何かお手伝いしたほうがいい工夫があったら言ってくださいね」とは言われました。

また、私のスケジュールの管理をしている方には「私からの返事がないときはどんどんリマインドしてくださいね」とお願いしています。1日にたくさんのメールが届くと混乱してしまうので……。

次ページマルチタスクが苦手……
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。