複数家族で同居「共同保育」で育った27歳の本音

「沈没家族の子」は"かわいそう"だったのか

4歳から10歳までの6年間を「沈没家族」で過ごした萌(めぐむ)さんに、当時感じたことや、今思うことを、聞かせてもらいました(写真:筆者撮影)

1990年代半ば、東京の東中野で、1人のシングルマザーが“共同子育て”の試みを始めました。「いろいろな人と子どもを育てられたら、子どもも大人も楽しいんじゃないか」と考えた当時23歳の加納穂子(ほこ)さんが、ビラをまいて「共同保育人」を募り、集まった10人ほどの人々でシェアハウスのようなもの――“沈没家族”と命名――を始めたのです。

再び脚光を浴びる“沈没家族”

新しい家族のあり方として注目を集め、当時は新聞やテレビなどでよく取り上げられたそうですが、最近また、脚光を浴びることに。2017年に穂子さんの息子、加納土(つち)さんがこの共同生活を捉えなおすドキュメンタリー映画『沈没家族』を制作し、いま現在もあちこちのミニシアターで上映されています。

この連載の一覧はこちら

血縁でもなんでもない雑多な人々がわいわいと集まり、“よその子”の面倒を見ながら生活を共にするという「沈没家族」。「楽しそう」と思う人と「何だか心配」と思う人と、両方いるのでは。何しろそんな家族を見たことがないので想像ができない、という人も多いでしょう。

「沈没家族」で暮らした母子は3組いたそうですが、子どもたちはこの生活を、本音でどう思っていたのでしょうか。いわゆる「ふつうの家庭」とはまったく異なる環境で困ることはなかったのか? 今回、4歳から10歳までの6年間を「沈没家族」で過ごした萌(めぐむ)さん(27)に、当時感じたことや、今思うことを、聞かせてもらいました。

両親は萌さんが4歳のときに離婚しました。この頃、母親のしのぶさん(カウンセラーの高橋ライチさん)が加納穂子さんと知り合い、共同保育の試みに共感して一緒に住むことを提案。沈没家族はこれを機に、手狭になっていたアパートを離れ、3階一戸建てに移住しました(“沈没ハウス”と命名された)。賃料約4万6千円の物件です。

次ページ多いときで20人を超えるメンバーが出入り
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。