キリスト教「牧師家庭」で育った26歳女性の葛藤

総人口の1.5%という人々の知られざる生活

ほかの子たちから「豪邸に住んでいるお金持ちの子」と誤解されるのも恥ずかしかったといいます。一家の住まいは教会と一体化したつくりで、玄関も2つあったため、よく「おまえんち、でかいよな!」などと言われていたのです。

お金に困る状態ではなかったものの、「お金持ち」というわけではなかったので、ひかりさんはとても心地悪く感じていたといいます。褒められていい気分になってもよさそうですが、そういう人柄ではなかったのでしょう。周囲から「お嬢様」と思われるのも、「本当は木登りとかするほう」だったので、「違うのに」と感じていました。

周りの人たちから、キリスト教、あるいは宗教へのちょっとした偏見を感じることもありました。例えば、地域向けのイベントをやるときに友達に声をかけたところ、「うちの親が『勧誘されるんじゃないか』と心配している」と言われてしまったり。

歴史の時間に宣教師のことを習ったあとは、あだ名を「(フランシスコ)ザビエル」にされてしまったり。これはもちろん、今では笑い話ではあるのですが。

「そもそも日本のキリスト教徒って、1%くらいといわれているんです。宗教としてはよく知られているけれど、人数としてはものすごく少なくて」

え、それだけなの? と驚きましたが、確かに筆者の周囲でも、ぱっと思い出せる友人は数人程度です。2018年の宗教年鑑によると、キリスト教徒は約192万人。日本の総人口が約1.26億人(2019年9月)ですから、1.5%程度になります。 

幼少時代、家や宗教のことに複雑な思いはあったものの、親にはあまり言えなかったそう。その後、中学、高校時代は、教会とはやや距離を置くようになり、大学を受験するときも「キリスト教系じゃないところ」をあえて選んだといいます。

教会員の人たちが家族のようなものだった

そんなひかりさんは、大人になって自らの意思で洗礼を受けます。いったいなぜだったのでしょう。

最も大きなきっかけは、両親の引っ越し、すなわち牧師である父親の「異動」でした。意外なことに牧師さんの世界には「異動」があるそうで、短いと5年ほど、長いと彼女の父親のように十数年程度で、受け持つ教会が変わるのです。

教会にはいつでも教会員(その教会に籍を置く信徒)さんたちが出入りしていたため、ひかりさんはずっと、この人々を家族のように思って暮らしてきました。学校から帰るといつも、おばちゃんたちが集まって「奉仕活動」をしており、彼女たちに裁縫やお菓子作りを教えてもらったり、おやつをつまみ食いをさせてもらったり。

次ページキリスト教は嫌だけど…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。