不正を黙認せず「忌憚のない意見」を言うべき理由

相手に信頼されるプロ人材の「インテグリティ」

2015年7月21日(火)、巨額に上る不適切会計問題に関して、記者会見で頭を下げる東芝の次期会長兼社長兼CEOの室町正志氏(左)、退任する社長兼CEOの田中久雄氏(中央)、副社長の前田恵造氏(右)(いずれも当時)(写真:Bloomberg)
東芝の不適切会計問題から始まった迷走、三菱電機の検査不正、最近ではトヨタ直営店での不正車検等々、企業の不祥事が後を絶たない。「正しくないこと」が行われ、それがなかなか止められないのはなぜなのか?
INTEGRITY インテグリティ──正しく、美しい意思決定ができるリーダーの「自分軸」のつくり方』を上梓した岸田雅裕氏が、組織や経営を正すための「忌憚のない意見」を言える、受け入れられるプロフェッショナル人材の「インテグリティ」「信頼し合える共感力」について説く。

「疑問を呈することは許さない」という体質

東芝の長年にわたる、巨額に上る不適切会計問題の発覚とその後の迷走、三菱電機の検査不正、最近では、トヨタの直営店での不正車検の発覚、システム障害を何度も繰り返すみずほ銀行等々、企業の「不祥事」が後を絶ちません。

『INTEGRITY インテグリティ:正しく、美しい意思決定ができるリーダーの「自分軸」のつくり方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

現場で働く人たちは「正しくないことをしている」とわかっていたと思いますが、経営幹部クラスは感覚が麻痺して、「正しくない」という認識すらなかったのではないか。

10年以上前、コンサルティングの仕事で、ある金融機関から、ある大手製造業企業の経営計画の精査を求められたときに、計画数値の異常を複数の事業で発見し、不自然さを指摘したことがあります。

たとえば、外部の業者に発注する経費が次の年から極端に下がっているとか、新しい施設の立ち上げで要員の運転習熟の期間が極端に短く見込まれているとか。

企画部門は「できる」の一点張り。不毛な時間を過ごし、われわれはこの会社の計画に青信号を出さないレポートを用意しました。案の定、後に「不正」の問題として露呈。その会社ではずっと以前までさかのぼって、自分たちに都合のよい数字、必要な数字から自分たちの結論を出して、それに疑問を呈することは許さないという体質、文化になっていたものと推察します。

次ページ企業不祥事に見るインテグリティの欠如
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT