副業ではなく、「複業」こそ人生を豊かにするワケ 視点さえ変えれば誰でも「複業家」になれる

拡大
縮小

まさにこれこそが、複業の効果です。皆さんは仕事に何を求めますか? 「収入だけ」と答える人もいるかもしれませんが、それ以外に、やりがい、周りからの感謝、自分の成長と答える人も少なくないのでは?

会社員だった頃の僕もそうでしたが、1つの会社で収入ややりがい、成長など、すべての要素を満たすのは、なかなか難しいものです。やりがいはあるけれど給料が低かったり、逆に、給料はそこそこもらえて安定もしているけれど、やりがいや成長を実感できなかったり……。

今の仕事で充足できない要素を、別の仕事で埋めることができるのが、複業の効果です。その対価は収入、金銭とは限りません。人とのつながりや経験など、今の仕事だけでは満たされなかったものを満たせるのなら、それも金銭と同じような立派な報酬です。

起きてから寝るまで、を思い出してみよう

「会社に行って帰るだけの生活だから、自分には複業の芽なんて見当たらない」などと、半信半疑の人もいるでしょう。では、思い出してみてください。昨日でも今日でもいいのですが、朝起きてからの数時間、どのように過ごしていましたか?

『出世しなくても、幸せに働けます。 複数の仕事で自分を満たす生き方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

「今度出場するマラソン大会に向けて、30分間走ってきました」
「愛犬と散歩に行って、近所のペット友達と話が盛り上がりました」
 などという、アウトドア派な人。

「カフェ風の朝ごはんが好きなので、フレンチトーストを作りました」
「半身浴にハマっているので、お風呂にゆっくり浸かりました」
 というように、インドア派な人。

はたまた、夜型の人だったら、「出勤ギリギリまで寝ていました」という人もいるのではないでしょうか。各々、その人らしい時間の使い方をしていると思います。このように、朝のたった数時間を切り取ってみても、同じように過ごしている人は意外と見つからないものです。

1日24時間、平等に与えられているこの時間をどう使っているか。実は、この時間の使い方に目を向けることが、複業の芽を見つけるために重要です。時間の使い方にこそ、その人の興味・関心が表れるからです。しかも、興味・関心があって普段何気なく続けていることが、もし誰かの役に立つことだったら?! 誰かに「ありがとう」と言ってもらえたら?

そんな活動を「複業」と呼んでいいなら、ワクワクしてきませんか?もっと時間を使いたいと思いませんか?ワクワクするのは、きっと「自分ならではの価値」を提供できているからです。誰かの役に立つことに喜びを感じる。そんな活動をしている自分を好きになる。その循環を生み出すことが、本当に幸せな働き方であり、生き方なのではないかと僕は思います。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT