アメリカの高校生が学ぶ「自分のお金を守る」方法

詐欺の手法、個人情報やパスワード管理まで…

「ピラミッドスキーム」とは、いわゆるネズミ講のようなものだ。「絶対に儲かる投資がある」と言って会員を集め、会員の出資金をさらに古い会員に支払うことで、あたかも投資の利益が上がっているように見せるが、実際の投資は行っていない。最初の少数の会員がピラミッドの頂点になり、新しい会員がピラミッドの底辺のような構造をしているのでこの名前がついた。

この詐欺が発覚するきっかけは、リターンが異常に高いことだ。誰かがおかしいと思い、調査すると、詐欺の実態が明らかになる。できれば犯人が儲けをすべて持って逃走する前に発覚することが望ましい。

有名な「ポンジ・スキーム」

1900年代の初め、ある銀行で働いていたチャールズ・ポンジは、自分の銀行がほかの銀行より2倍も多い利息を払うため、顧客がどんどん増えていることに気がついた。しかし銀行の融資の儲けだけでは、約束した利息を顧客に払うことができない。その結果、銀行のオーナーは残りのお金をすべて持ってどこかに逃走してしまった。

これを見たポンジは、あるアイデアを思いつく。投資家を集めると、国際返信切手と為替レートの違いを活用すれば大儲けできるというもっともらしい話をでっちあげ、3カ月で資金を倍にすると約束したのだ。

ピラミッドスキームではよくあることだが、ポンジの投資戦略はそれなりに理にかなっている。しかし、例えもっともらしくても、そんなにうまい話は転がっていないということを忘れてはいけない。「ポンジの場合も、切手の取引ではそれほど儲けが出なかったので、大儲けしているふりをして新しい投資家を呼び込み、そこから初期の投資家へのリターンを支払っていた(リターンを受け取った人のほとんどがそのお金を再投資に回した)。

投資家の中から疑問の声が出てくると、ポンジはそれを黙らせるために広報係を雇った。しかしその広報係が詐欺に気づき、ポンジはついに投獄されることになる。これはとても有名な事件なので、ピラミッドスキームは「ポンジ・スキーム」とも呼ばれている。

最近では、バーナード・マドフのピラミッドスキームが有名だ。マドフはニューヨークの投資家で、30年にわたって合法の投資会社を経営していた。そして副業として、チャリティー財団や富裕層の顧客から預かった資金を運用するという仕事もしていた。この副業がとんでもない詐欺だったのだ。

ポンジと違って法外に高いリターンは約束しなかった。マドフが顧客に約束したのは、市場よりわずかに高いリターンを毎年継続することだ。そして、マドフは約束を守った。市場がどんなに下がっても、反対にどんなに上がっても、彼は好調な運用成績を維持している。

しかし、それは好調すぎた。マドフの評判が広がり、顧客はどんどん増えていった。新しい顧客からの資金が入るために、古い顧客が投資を現金に換えたいと言ってきてもすぐに応じることができる。マドフのピラミッドスキームに気づく人はいなかった。しかし2008年に新しい顧客が途絶えると、マドフもついにこの詐欺を続けることができなくなったのだ。

これは史上最大の詐欺犯罪であり、被害額は少なく見積もっても170億ドルにのぼる。大きなチャリティー財団を含む顧客の財産が、すべて消えてしまったのだ。

ピラミッドスキームのターゲットは富裕層だけではない。例えばポンジにだまされた人々の多くは貧しかった。

次ページあなたのさまざまな「番号」が狙われている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT