「#」から数千万円を盗んだ犯罪者の巧妙な手口 「反社のシノギ」はLINEスタンプだけじゃない

印刷
A
A
反社会的勢力の「資金源」はネットの世界にも広がっている(写真:kumikomini/iStock)

今年1月、指定暴力団組員の男がLINEスタンプを自作、販売していたことがわかった。スタンプには、「アニキと一緒です」「本部です」「若いのを行かせます」「ヘッドに確認して」「本部は誰が泊まるの?」などの文言が添えられており、販売額は上限の600円に設定されていた。

組員が関係者にスタンプ購入を強制すれば、みかじめ料徴収にもなりうる。慣れ親しんだLINEを使うことで、若者を暴力団に誘い込むきっかけにもなる。今後、匿名で利用できるSNSを使った資金集めが活発化する恐れもあるかもしれない。

このように、暴力団や窃盗グループなどの犯罪グループが、SNSを悪用している実態がある。さまざまな実例から、反社会的勢力に狙われる「SNSの危険な使い方と注意点」について解説していきたい。

悪用される「消えるSNS」

もともとは若者の間でコミュニケーションを楽しむために流行した、インスタグラムのストーリーズや、スナップチャットなど、「一定時間で消えるSNS」。最近は犯罪グループなどが、このようなSNSを悪用する例が増えている。

2015年には、インターネットバンキング利用者IDなどを盗むウイルスを作ろうとした札幌市の少年に対して、東京都内の大学職員の男がツイッター経由でコンタクトをとり、消えるSNSを使ったやり取りを提案。少年は男の指南で作ったウイルスを販売して、不正指令電磁的記録保管容疑で逮捕された。男は少年の供述に基づいて幇助容疑で逮捕された際、「警察の目を逃れるために消えるSNSを使った」と供述している。

そのほか、違法薬物の密売や振り込め詐欺などの組織犯罪でも、消えるSNSは利用されている。犯罪グループ内のメッセージのやり取りにも使われており、主犯にたどり着けないケースもあるという。

次ページ油断して「自分の裸写真」が拡散
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT