「#」から数千万円を盗んだ犯罪者の巧妙な手口

「反社のシノギ」はLINEスタンプだけじゃない

反社会的勢力の「資金源」はネットの世界にも広がっている(写真:kumikomini/iStock)

今年1月、指定暴力団組員の男がLINEスタンプを自作、販売していたことがわかった。スタンプには、「アニキと一緒です」「本部です」「若いのを行かせます」「ヘッドに確認して」「本部は誰が泊まるの?」などの文言が添えられており、販売額は上限の600円に設定されていた。

組員が関係者にスタンプ購入を強制すれば、みかじめ料徴収にもなりうる。慣れ親しんだLINEを使うことで、若者を暴力団に誘い込むきっかけにもなる。今後、匿名で利用できるSNSを使った資金集めが活発化する恐れもあるかもしれない。

このように、暴力団や窃盗グループなどの犯罪グループが、SNSを悪用している実態がある。さまざまな実例から、反社会的勢力に狙われる「SNSの危険な使い方と注意点」について解説していきたい。

悪用される「消えるSNS」

もともとは若者の間でコミュニケーションを楽しむために流行した、インスタグラムのストーリーズや、スナップチャットなど、「一定時間で消えるSNS」。最近は犯罪グループなどが、このようなSNSを悪用する例が増えている。

2015年には、インターネットバンキング利用者IDなどを盗むウイルスを作ろうとした札幌市の少年に対して、東京都内の大学職員の男がツイッター経由でコンタクトをとり、消えるSNSを使ったやり取りを提案。少年は男の指南で作ったウイルスを販売して、不正指令電磁的記録保管容疑で逮捕された。男は少年の供述に基づいて幇助容疑で逮捕された際、「警察の目を逃れるために消えるSNSを使った」と供述している。

そのほか、違法薬物の密売や振り込め詐欺などの組織犯罪でも、消えるSNSは利用されている。犯罪グループ内のメッセージのやり取りにも使われており、主犯にたどり着けないケースもあるという。

次ページ油断して「自分の裸写真」が拡散
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。