「人生に行き詰まったら銭湯」を勧める5つの理由 「お金に頼らず人生を楽しくする」完璧な場所

✎ 1〜 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 最新
拡大
縮小

いうてしまえばそれだけのこと、かもしれない。でも自分の行いは自分に返ってくるということは、会社を辞めて給料も肩書きも失った私には、実に大いなる希望だった。恐れることはない。お金も肩書きもなくたって、人は行い一つで、自分の人生を自分で明るくすることができるのだ。

何しろ銭湯ってみんなハダカですからね。そもそもお金も肩書も通用しない。通用するのは「行い」のみ。つまりは銭湯とは行いの道場であるといえましょう。

それはですね、この人生100年時代、つまりは誰もがお金や肩書きに頼れない時間を長く生きねばならない時代に人生を明るくまっとうする上で、ぜひとも体験しておくべき必須課題なのではないでしょうか。

理由5:油断して暮らす日々を手に入れる

というわけで、こうして銭湯ライフにどっぷり浸かって5年以上。今や、銭湯へ行く服装がほぼ「部屋着レベル」になってきた。何しろマイ風呂ですからね。そこへ行く道はわが家の廊下のようなものだ。ばっちりおしゃれして出かける必要などどこにあるだろう。

それが当たり前になってみると、誰もそんなこと気にしちゃいないこともよくわかった。寝巻きに近い格好で顔見知りの米屋や酒屋とすれ違うこともあるが、「お、今から風呂かい?」と聞かれてニッコリされるだけである。

その度に、ああこれで良かったのかーと感慨に耽る私である。

「男は敷居をまたげば7人の敵がいる」とかなんとか、この世の中を生き抜くには絶えず緊張して他人に出し抜かれぬよう生きなきゃいけないみたいなことを言う人が今もたくさんおられますし、私も会社員時代はずっとそんな感覚で生きてきたわけですが、決してそんなこたあないんである。

人はもっと油断して、信じ合い、許しあって生きていくことができる。銭湯に行くと、そんな現実が身をもってわかります。それが分かるだけでも確実に人生変わりますよ。

というわけで、週に1回でも、月に1回でも良いのです。ぜひとも一度腰を据えて、近所の銭湯へ通ってみることを心からお薦めする次第であります。もちろん免疫力もアップ。適度な運動にもなります。こんな時代にこそうってつけかと。

稲垣 えみ子 フリーランサー

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

いながき えみこ / Emiko Inagaki

1965年生まれ。一橋大を卒業後、朝日新聞社に入社し、大阪社会部、週刊朝日編集部などを経て論説委員、編集委員をつとめる。東日本大震災を機に始めた超節電生活などを綴ったアフロヘアーの写真入りコラムが注目を集め、「報道ステーション」「情熱大陸」などのテレビ番組に出演するが、2016年に50歳で退社。以後は築50年のワンルームマンションで、夫なし・冷蔵庫なし・定職なしの「楽しく閉じていく人生」を追求中。著書に『魂の退社』『人生はどこでもドア』(以上、東洋経済新報社)「もうレシピ本はいらない」(マガジンハウス)など。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT