体重6倍超「双子パンダ」生後1カ月劇的成長の裏側

なんとも愛らしい白黒模様もくっきり見える

双子の成長に伴い、保育器内で1回に飲むミルク(母乳+人工乳)の量も増えた。すると腹持ちがよいため、哺乳と哺乳の間に、赤ちゃんが落ち着いて寝ている時間は4~5時間に延びている。

シンシンと保育器の間で双子を入れ替える間隔は、当初は約1日だったが、現在は約5日。実は、これには人工乳が関係している。

双子が飲むミルクの量が増えるに従い、人工乳の比率を徐々に増やしている。7月16日時点の母乳と人工乳の比率は、およそ半々。

「人工乳は母乳に比べ消化が悪く、慣れるまで下痢をすることもあるので、量は少しずつ増やします。1日おきに子を入れ替えると、人工乳に慣れないうちに母乳に戻り、また人工乳に……となってしまいます。ある程度の時間をかけて人工乳に慣らすため、約5日にしています」(上野動物園の大橋直哉・教育普及課長)というわけだ。

敷物はシャンシャンの「おさがり」?

入れ替えるタイミングのわずかな時間は、2頭が保育器内で一緒になることもある。7月15日の動画には、少なくとも午前5時50分から約5分間、一緒にいる様子が映っている。この日は身体測定のため長めだが、シンシンは子どもがいないと不安になって探すため、なるべく手短に済ませている。

27日齢となる7月20日の雌(左)と雄の双子(写真:公益財団法人東京動物園協会提供)

ただ、7月20日時点では、シンシンが排泄や食事をする際、短時間だが赤ちゃんから離れるようになった。これは、長女のシャンシャン(香香)が赤ちゃんの頃にも起きた行動だ。「子どもが順調に生育しており、安心しているためではないか」と上野動物園は推察している。

保育器にいる赤ちゃんの下には大きな布が敷かれている。布の柄は数種類ある。パンダとパンの柄は、シャンシャンが赤ちゃんだった2017年に使っていた布とおそろいだ。この布は当時、話題になり、筆者も同じ柄の布を求めて複数の生地店を探したが、シャンシャン効果でどこも売り切れていた。

双子が使っている布は、今回新調したのか、それとも2017年に買ったものなのか。「(飼育担当者に)確認したところ、当時買ったものだと言っていました。2頭なので頻繁に布を変えるらしく、あったものを引っ張り出して使っているそうです。もしかしたらシャンシャンが使っていたものかもしれません。未使用品かもしれませんが」(大橋課長)とのことだ。

次ページパンダの体重は生後1年で約300倍に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT