上野動物園、知られざる動物たちの「お値段」

サイは3000万円、カバ、キリン、ライオンは?

ジャイアントパンダ、シャンシャンの誕生は日本中の話題を集めた(写真:撮好おじさん / PIXTA)

ジャイアントパンダ、シャンシャンの誕生に沸く恩賜上野動物園。

シャンシャンは2017年6月生まれ、同年12月より一般公開をスタートした。当初は抽選での観覧だったが、今年2月からは先着順での公開が始まっている。

朝9時30分に始まる観覧の整理券9000枚は平日でも10時過ぎには配布が終了するなど人気を集めている。シャンシャン効果を追い風に、来園者数は久々に年間400万人を突破。その経済効果は数百億円ともいわれる。

上野動物園は1882年に開業した、日本最古の動物園。同時に国内最大の入園者数を誇る。飼育・展示している動物は、ほ乳類で110種1157点、鳥類136種570点など、合計で370種2615点に達する。

たとえシャンシャンが見られなくても、この時期は春休みを利用したり、やや散り始めた上野公園の桜とあわせて動物園を訪れてみようという方も多いかもしれない。

情報公開請求でわかった!動物の「お値段」

そこで気になるのが展示飼育されている動物の価格はいくらなのかということだ。2011年に上野動物園にやってきたパンダのリーリーとシンシンについて、中国からの年間レンタル料が年間で約1億円に達することが話題を集めたぐらい。そのほかの動物の価格は明らかにされてこなかった。

都内にある上野動物園、多摩動物園、井の頭自然文化園、葛西臨海水族園の4つの動物園・水族館を管理するのは東京動物園協会(以下、協会)だ。東京都から指定管理者として、運営を委託されている。

そこで今回、東洋経済は東京都に対して情報公開請求を実施。上野動物園のために保有する動物、45種類370頭の価格(合計10億円)を入手し、1頭当たりの値段が高い順にランキングを作成した。

なお、リーリー、シンシン、シャンシャンの所有権は中国にあるため、東京都として価格はつけていない。また次ページ以降のリストのうち、上野にいるのは「58頭だけで、大半は多摩にいる。あちらのほうが広いのでぜひ行って欲しい」(上野動物園を所管する東京都建設局の東部公園緑地事務所)ということに留意されたい。

次ページトップはあの陸上最大の肉食動物
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT