上野動物園、知られざる動物たちの「お値段」

サイは3000万円、カバ、キリン、ライオンは?

7位にはゾウがランクインした。それぞれアフリカゾウは199〜500万円、インドゾウは500万円、セイロンゾウ(アジアゾウ)は100〜500万円となっている。

昔のゾウは安かった?

199万円の値段がついているアフリカゾウは1967年に取得となっているため、多摩動物園にいるアコと見られる。アコは、東アフリカからメスのマコとともに来園(マコは2011年に死去)。いつも2頭で一緒にいるゾウとして人気を集めた。

100万円のアジアゾウは1958年に取得されているため、多摩動物園にいるアヌーラだろう。1953年生まれで、国内最高齢のゾウでもある。

動物園で人気のアミメキリンは250万円で20位に、インドライオンは100万円で38位に入った。

次ページ値段はどう決まるのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT