上野動物園、知られざる動物たちの「お値段」

サイは3000万円、カバ、キリン、ライオンは?

7位にはゾウがランクインした。それぞれアフリカゾウは199〜500万円、インドゾウは500万円、セイロンゾウ(アジアゾウ)は100〜500万円となっている。

昔のゾウは安かった?

199万円の値段がついているアフリカゾウは1967年に取得となっているため、多摩動物園にいるアコと見られる。アコは、東アフリカからメスのマコとともに来園(マコは2011年に死去)。いつも2頭で一緒にいるゾウとして人気を集めた。

100万円のアジアゾウは1958年に取得されているため、多摩動物園にいるアヌーラだろう。1953年生まれで、国内最高齢のゾウでもある。

動物園で人気のアミメキリンは250万円で20位に、インドライオンは100万円で38位に入った。

次ページ値段はどう決まるのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT