中国半導体「ギガデバイス」DRAM量産化の狙い

NORフラッシュの分野ではすでに世界シェア5位

ギガデバイスは同社初となる半導体メモリーのDRAMが量産体制に入ったと発表した(写真はイメージ)

6月3日、中国のファブレス半導体メーカーである兆易創新科技(ギガデバイス・セミコンダクター)は、独自開発した半導体メモリーのDRAMが量産体制に入ったと発表した。このDRAMは設計から、チップ製造、パッケージング、テストに至るすべての製造工程を中国国内で行った。

DRAMの国産化を実現した中国メーカーは、これで2社目だ。それ以前は長鑫存儲技術(CXMT)のみが、DRAMを開発・製造する能力を有していた。

ギガデバイスが初めて開発したDRAMは容量4ギガビットのDDR4型で、テレビ、モニター、ネット通信、タブレット、車載用AVシステム、などの家電分野に搭載される予定だ。

半導体業界内では、ギガデバイスのDRAM参入は既定路線だった。同社は2005年にNOR型フラッシュメモリーのファブレスメーカーとして設立され、同分野では世界のトップ5にまで上り詰めた。しかし半導体メモリーの主流であるDRAMやNAND型フラッシュメモリ-は、依然として海外メーカーが市場を独占している状態だ。

昨年4月には743億円の資金調達も

2020年4月、ギガデバイスはDRAMの研究開発と生産を目的に、 第三者割当増資による43億2400万元(約743億円)の資金調達を行った。(詳細は、中国半導体「ギガデバイス」がDRAMに参入の狙いを参照)。また、同社は過去に「CXMTと、DRAM製品の販売、ファウンドリー(受託製造)、エンジニアリングなど多方面での協力を検討している」と公表していた。

本記事は「財新」の提供記事です

ギガデバイスとCXMTは緊密な協力関係にある。なぜなら、両社の経営トップは同一人物であるからだ。両社をよく知る人物が財新記者に語ったところによれば、今回ギガデバイスが発表したDRAMの製造を請け負ったのはCXMTだという。

両社はそれぞれDRAMを開発しているため、競合関係に当たる。業界内では今後も協力関係を維持できるのか、疑問を呈する声も出ている。ただ、前出の人物は「両者の製品の位置付けが異なっているため、競合することはない」と語った。同時に、この協力はCXMTにとって「大きなメリットがある」とも打ち明けた。なぜならギガデバイスには(NOR型フラッシュメモリーの販路開拓を通じて築いた)多くの販売ルートがあり、それらはCXMTがまだ開拓できていない販路であるからだ。

(財新記者:何書静)
※原文の配信は6月3日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT