米軍「中国DJI製ドローン」の安全性を認めた背景

データの安全性に疑問が投げかけられていた

DJI製のドローンはアメリカの多くの公的機関で採用されている(写真はDJIのアメリカ向けウェブサイトより)

民生用ドローン世界最大手の中国の大疆創新科技(DJI)が開発したドローン2機種が、アメリカ国防総省の安全審査を通過したことがわかった。同省がこの2機種を分析した結果、システムに悪意のあるコードが発見されなかったため、アメリカ政府および軍隊での使用を認めたことが、アメリカ軍の報告書に記載されていたという。6月1日に現地の政治専門誌『ザ・ヒル』が、この報告書を独自入手して報じた。

DJIの北アメリカ地区の広報責任者であるアダム・リズバーグ氏は、ザ・ヒルの取材に対し「この報告書で、国防総省はアメリカ政府と企業がDJIのドローンを使っても安全であることを確認した」と説明した。

なおAP通信も同じ報告書を入手し、国防総省がDJIのドローン2機種のソフトウェアシステムとデータ漏洩リスクに対応する修正プログラムを評価した結果、安全であるとの結論に達したと報じた。

アメリカ政府のためにドローンを特別設計

DJI製のドローンは北アメリカ市場で高い人気を誇っている。アメリカ政府、アメリカ軍などの多くの公的機関でDJIのドローンが採用されている一方、その製品が収集するデータの安全性についてたびたび疑問が投げかけられていた。

本記事は「財新」の提供記事です

アメリカ国土安全保障省の下部組織であるサイバーセキュリティー・インフラストラクチャー・​セキュリティー庁(CISA)が2019年5月に発表した報告書では、中国製ドローンは飛行経路や撮影した画像などの情報を(製造元の)中国メーカーに転送してしまう可能性があり、中国政府がそのデータにアクセスして利用できる、と指摘していた。

なお、前出のドローン2機種はDJIがアメリカ政府のため特別に設計したものだ。普通のドローンと違い、インターネットには接続できず、データはドローン内部にしか保存できない仕様になっている。

DJIがこれらのドローンにインターネットへの接続機能を搭載しなかったのは、アメリカ国土安全保障省が指摘したデータの安全性への疑惑を払拭するためにほかならない。

(財新記者:方祖望)
※原文の配信は6月3日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT