世界でブーム「全人格で競う教育」の過酷な実態

シンガポールで「習い事競争」が起きる理由

シンガポールの習い事事情からみる、「全人的教育」の問題点とは?(写真:筆者提供)

「中高一貫の難関校への中学受験に成功させるには」「わが子を東大に入れた母親の教育」――。

依然として偏差値の高い学校がもてはやされる反面、「勉強さえできればいい」「偏差値の高い大学に入りさえすれば一生安泰」とは、誰も思っていないだろう。

今、日本の教育関連の書籍や記事を見ると、新しい言葉が洪水を起こしている。「これからは、非認知能力」「グローバル化やAI時代に対応した教育とは」「STEAM(Science、Technology、Engineering、Art、Mathematics)が大事」――。

さまざまなキーワードで、“新しい能力”や教育改革の必要性が訴えられる。つねに”新しい時代”と対応の必要性が語られるのは今に始まったことではないが、コロナ禍も重なり、不安を煽られ続けている親も少なくない。

しかも気になるのは、ペーパーテスト型の“旧来型学力”から“新しい能力”へ転換すればいい、というわけではなく、どうも“旧来型学力”に加えて“新しい能力”も身につけよ、と”要求”されていることだ。

いったい“新しい能力”を巡る競争は今、どうなっているのか。この競争がすでに本格化しているのが筆者の住むシンガポールだ。現地の事例より、この現状と課題について考察してみたい。

旧来型の学力”以外”の強化とは…

まず、この“新しい能力”議論が巻き起こっているのは、日本だけではない。

この連載の初回記事で、アメリカで起きた大学入試不正事件について取り上げた。そこからもわかることだが、大学入試はスポーツ推薦や生徒会活動やボランティアなど“主体的“な活動を巡る評価にまで入りこみ、より「全人格的」なものになっている。

OECD(経済協力開発機構)は「21世紀コンピテンシー」という概念で他者と協働したり、知識や技術を活用したりする能力を推奨。学力調査のPISAでも、創造的問題解決力といった、”21世紀型学力“を測ろうとしている。

2015年からPISAは、他者と会話をしながら課題に取り組む力を見る「協同問題解決能力」という問題を導入。筆者が今住んでいるシンガポールは、この科目で1位をマークした。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT