大成建設の水理実験棟へ行ってみた!

津波による建物の倒壊はどこまで防げるか

水槽は、体育館のような建物の中にあった。長さ35.5メートル、幅17メートルの水槽はいかにも屋内プールと言いたいところだが、まず、水深が浅い。約40センチだという。そして周囲の風景も違う。最先端の研究所というよりは、町工場のようだ。

水深40センチの水槽で、最大の高さが40センチに達する津波を再現できるというこの水槽には、30分の1の縮尺で陸地や建物が設置されている。高さ40センチの波は、12メートルの高さに換算される。沿岸は幅360メートル、奥行きが220メートル。そこに、5~6階建ての建物が2棟建っている様子が、30分の1のスケールになっている。

これがチャンバーだ

沿岸部の向こう正面には、跳び箱のような形の箱が8つ並び、それぞれの底の部分に8個ずつバルブが並んでいる。これが、波形コントロールのキーとなる装置だ。

「いいですか。大きな音がしますが驚かないでください。では、3、2、1!」

ドカン、シャーッ

織田さんがパソコンを操作すると、ドカンという音があたりの空気を揺らした。驚かないでと言われていたのに、驚いてしまう。

シャーッと陸地に津波が押し寄せた瞬間

それから間髪を入れずにシャーッという音がしたかと思うと波が押し寄せ、建物にぶつかった水のカタマリは大きくしぶきをあげ、陸地はあっという間に水浸しになった。ドカンという音は、バルブが開放された音。シャーッという音は、水が流れ出る音である。

もし、水槽の中に立っていたら、体がかなり押されるという。陸地ではそこまでは行かないが、体に沿って波が上がってくるらしい。

次ページスロー再生をすると?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT