大成建設の水理実験棟へ行ってみた!

津波による建物の倒壊はどこまで防げるか

水槽は、体育館のような建物の中にあった。長さ35.5メートル、幅17メートルの水槽はいかにも屋内プールと言いたいところだが、まず、水深が浅い。約40センチだという。そして周囲の風景も違う。最先端の研究所というよりは、町工場のようだ。

水深40センチの水槽で、最大の高さが40センチに達する津波を再現できるというこの水槽には、30分の1の縮尺で陸地や建物が設置されている。高さ40センチの波は、12メートルの高さに換算される。沿岸は幅360メートル、奥行きが220メートル。そこに、5~6階建ての建物が2棟建っている様子が、30分の1のスケールになっている。

これがチャンバーだ

沿岸部の向こう正面には、跳び箱のような形の箱が8つ並び、それぞれの底の部分に8個ずつバルブが並んでいる。これが、波形コントロールのキーとなる装置だ。

「いいですか。大きな音がしますが驚かないでください。では、3、2、1!」

ドカン、シャーッ

織田さんがパソコンを操作すると、ドカンという音があたりの空気を揺らした。驚かないでと言われていたのに、驚いてしまう。

シャーッと陸地に津波が押し寄せた瞬間

それから間髪を入れずにシャーッという音がしたかと思うと波が押し寄せ、建物にぶつかった水のカタマリは大きくしぶきをあげ、陸地はあっという間に水浸しになった。ドカンという音は、バルブが開放された音。シャーッという音は、水が流れ出る音である。

もし、水槽の中に立っていたら、体がかなり押されるという。陸地ではそこまでは行かないが、体に沿って波が上がってくるらしい。

次ページスロー再生をすると?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT