大成建設の水理実験棟へ行ってみた!

津波による建物の倒壊はどこまで防げるか

チャンバーのところで記念撮影

そんなことを話しているうちに、陸からは水が引いていく。しかし、実際の津波はもっとゆっくり動く。

空間の縮尺が30分の1だと、時間の縮尺はその2分の1乗の、およそ5.5分の1になるからだ。ということは、この水槽での実験動画を約6分の1の速度でスロー再生すると、実際に人間が見た場合の津波を再現できることになる。

30分の1の人間の目の高さから撮影した動画をスロー再生して見せてもらったが、足がすくんだ。見た人から「リアルすぎる」という声が寄せられたというのも、よくわかる。

この手のシミュレーションは、コンピューターを使ってもできるが、そこには限界がある。衝撃的な力が建物に及ぼす影響などを知るには、このような水理実験が必要なのだ。

手作り感があふれる設備

大成建設がここで津波の実験を本格化させたのは2007年。その後、会社が水理実験施設の拡充を計画していたところに発災したのが東日本大震災だった。現在のような設備が揃ったのは夏。それまでの間、織田さんは居ても立ってもいらず、もっと手づくりの小さな模型で実験を行っていたという。

『もっと』とわざわざ書いたのは、この設備もかなり手づくり感に溢れているからだ。水槽はもともとあったものだが、8つ並んだ跳び箱状の箱は織田さんたちが図面を引き、設置されたバルブも市販品から探して、完成までの速さを優先させてつくりあげたもの。研究内容は最先端のはずなのに、なぜかアナログな雰囲気なのはそのせいだ。

次ページ被害を抑える建物の設計とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT