「自分だけの強み」を見つけるための17つの質問

自分の「才能のタネ」を見つけられる人の視点

自分の強みを具体的に把握し、伸ばすためには?(写真:metamorworks/PIXTA)
成功している人の共通点は、自らの弱みの克服に時間を使うのではなく、強みを伸ばすために努力していること。しかし、多くの人が自分の本当の才能に気づいていないのが現実。だからこそ、まず取り組みたいのは、自己認識の精度を高めることです。
アメリカ・ギャラップ社認定ストレングスコーチ(R)としても活動する瀬戸和信氏は、MicrosoftやFitbitなど数々の外資系企業でマーケターとしてステップアップを続け、マネジメントにおいてもこの実践を続けてきています。その考え方と方法をまとめた著書『「自分」を殺すな、武器にしろ』から一部を抜粋・再構成して紹介します。

苦しいときこそ、絶好の機会

前回記事で、自己を正しく認識すること、その精度を高めることの重要性についてご紹介しました。多くの人が自分自身に対して客観的な視点を持てておらず、自分を過大評価したりといったワナに陥りがちです。

一方、自己認識の精度を高めていくと「私はほかの誰でもない」「私には、私だけの強みがある」と思えるようになります。最終的には、自分の武器にまで磨き上げられるような「才能のタネ」は、無数に種類があって、誰しもが持っているものです。ただ、これを見つけるにはちょっとしたコツがあります。

最初に、僕自身のキャリアについて少しお話しさせてください。

過去22年のキャリアのなかで、僕は現在の会社、Sonos Japanが8社目です。転職機会の少ない日本では、7度の転職は多いほうでしょう。転職を繰り返す人はジョブホッパーと呼ばれ、とくに日本企業においては信用されにくいです。しかしながら、僕にとっては、この7度の転職経験が人生においてプラスに働きました。

転職のたびに「自分は何がやりたいのだろう?」「何をしているときが最も楽しいのだろう?」「自分のどの能力で社会の役に立てるだろうか?」「個人で持っている才能と、どんな仕事をつなぎ合わせれば成果を最大化できるだろう?」と考えてきたからです。「自己分析」する機会と企業の人事から「他者分析」される機会が、7回もあったわけです。仕事を変わるとなると僕も必死なので、その都度、文字どおり一生懸命に考えます。

とくに、次の仕事がなかなか見つからない場合は、自身を的確に知ろうとする意識が高まりました。

次ページ転職時期には必然的に強みを考える時間が多かった
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT