渋沢栄一が「自分の未来に悩む30代」に贈る言葉

折れそうな心を支え続ける「大丈夫の試金石」

30代は自分の未来に悩む微妙な時期(漫画:イマイマキ)
新型コロナウイルス蔓延による外出自粛、慣れないリモートワーク、暗雲垂れ込める経済状況……、暗い話題ばかりで、自分の未来に不安を抱く人も多いと思います。特に30代は、いまのままでいいのかと悩む微妙な時期です。こうした状況を乗り越えるにはどうすればいいのでしょうか。
33歳の決断で500社ほどの有名企業を育て、日本の資本主義の父と呼ばれた渋沢栄一は、逆境のなかでも心の支えとなる多くの言葉を残しています。渋沢栄一の玄孫(やしゃご)にあたる渋澤健氏に、渋沢栄一が残した言葉をもとに、自分の未来に悩む30代に向けて、折れない心のつくり方について語ってもらいました。
(漫画:イマイマキ)

安定した生活が生涯続くかは誰にもわからない

社会人になったばかりの頃は、「僕は、私は、この会社でこんなことをしたい」という期待に満ちた気持ちでキャリアをスタートさせたことでしょう。ところが、社会人も10年目になると、夢よりも現実が先に立つと思います。

『33歳の決断で有名企業500社を育てた渋沢栄一の折れない心をつくる33の教え』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

なかなか変えられない過去の慣行、上意下達で行われる命令系統、ややこしい人間関係、頭が固く自己保身に一所懸命な上司、無駄な同調圧力……。

これらに絡めとられ、徐々に組織の論理に巻き込まれてしまいます。それも、組織の規模が大きくなればなるほど、この傾向が強まっていきます。

もちろん、いまの会社が嫌なら辞めて新天地を探せばいいのでしょうが、転職には勇気が必要です。もし、いまの職場は夢がないけれども生活が安定していれば、ますます転職する勇気は萎えてしまうでしょう。

でも、よく考えてみてください。いま、安定していると思っている場所は、本当に安定しているのでしょうか。

違いますよね。会社は大企業でも、いつリストラされるかわかりません。M&Aによって人員が削減されるケースもあります。かつて大手都市銀行に入行して一生安泰と考えていた人も、その後、メガバンクが形成される過程において、大勢が首を切られました。

次ページどんな会社でも先行きは不透明
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。