子育てに必要!「短所を長所に言い換える」技術

短所ばかり見ても親子とも幸せになれない

子どもの短所に対して、ガミガミ言ってしまいます。このままだと子どもを潰してしまうのではないかと不安になる毎日です(写真:プラナ/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

中2と小5の子どもがいます。毎日、イライラが続き、子どもの短所しか見えない状態で困っています。例えば、上の子は「自分の意見がなく、臆病にさえ見え、優柔不断なところ」にイライラします。下の子は「集中力がなく、面倒くさがり屋」でいくら言っても言うことを聞かずガミガミ言ってしまいます。このままだと子どもを潰してしまうのではないかと不安になる毎日です。どのようにしたらよいでしょうか。
(仮名:中川さん)

短所ばかりが目につく3つの理由

子育ては楽ではありません。人生の中で最も思いどおりにいかないのが、子育てなのではないかと思うぐらい大変なことです。時折イライラやガミガミが出てしまうことは仕方ないことです。しかし、一時的であればまだしも、それらが継続してしまうと、子どもに対して「マイナスの視点」が固定されてしまい、親子ともにつらい日々が続くことになります。そこで、中川さんには、「子どもの短所を長所に変える方法」についてご紹介します。

この連載の記事一覧はこちら

その方法の前に、そもそも「なぜ短所が目につくのか?」について考えてみましょう。この背景がわかると、自分が置かれている状況が理解できるかもしれません。

子どもには短所もあれば長所もあるはずです。それにもかかわらず、短所ばかりが目につく理由として3つのことが考えられます。

1)親の思いの中に「理想の枠」がある

親の中に「こうであってほしい」という理想の枠があり、そこから子どもが逸脱すると、マイナスに見えてしまうということです。

2)親の心が満たされていない

感情的にイライラしているときは、つい物事のマイナス面ばかりが見えてしまいがちです。つまり、親の心が不満状態、不安状態にあると、それと同種の現象(負の状態)が見えたり、聞こえたりするようになります。

3)親の意識が子どもばかりに向いている

子どもの一挙手一投足が気になり、細かい点まで見えてしまう――。そんな状態だとしたら、親の意識が子どもばかりに向いているかもしれません。

未就学児の子のように目を離すと危ない状況であればわかりますが、そうではない年齢であれば、もう少し目を離してもよいでしょう(ただし心までは離さない状態に)。

夫婦でも、たまに会うと優しくなれるのに、いつも会っていると嫌な面ばかり気になるということがありますが、親子でもこれに似たものと考えていいでしょう。

次ページ子どもの短所だと思っていたことは…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT