20歳だった自分に伝えてあげたい「10のこと」

若者たちへ「説教にならずに」思いを伝えるコツ

コロナ禍で悶々と過ごしている大学生に語りかけるとき、気をつけるべきこと(写真:A_Team/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

大学2年になる娘がいます。昨年はコロナで大学の授業がすべてオンラインとなり、かなり厳しい状況だったようです。今年もどうなるか不安を感じているようです。大学生としてアルバイトもできず、悶々とする日々にかけてあげる言葉が見つかりません。いったい何を語りかければいいでしょうか。
(仮名:菊池さん)

先日、大学生を対象に「大学生Café」という会を催しました。そこでは、大学生から現在直面しているさまざまな悩みについて聞きました。そこでも菊池さんのお子さんと共通するような状況が見られました。

この連載の記事一覧はこちら

そんな大学生たちに対して、大人である私たちがどんな話をすれば、役に立てるでしょうか。親があれこれ心配して言っても、煙たがられるだけになってしまうことも多いでしょう。

筆者の場合、ちょうど大学生の親と同じ年齢にあたりますが、これだけの年齢差がある中で何かアドバイスをしようとすると、うっかり上から目線の話を一方的にすることにもなりかねません。ひどい場合、説教じみた話になる可能性すらあります。ですから、大学生に対して話をするときには、次のようなことを意識して話をするようにしています。

お説教じみたアドバイスにならないための3つのポイント

それは「20歳の自分に伝えるつもりで話をする」ということです。

いざ20歳の人に話をしようとすると、自分が20歳だったころの経験談を自然にしそうになりますが、つい話が美化されたり、現代とは異なる時代背景だったりと、今の大学生にはまったく響かない話にもなりかねません。

そこで、20歳の自分に伝えたいこと、ということをぜひ念頭に置いていただきたいのです。

この方法には、3つのメリットがあります。

(1)現在という視点からさかのぼって、過去の自分を見ていくため、現代とはかけ離れた話になりにくい。

例えば、自分が20歳のときにやっていた話をした場合、当時の風潮である「気合・根性・努力が大切だ」という話になりがちだとします。しかし、現在の自分からのメッセージにすると「楽しい、面白い、ワクワクを大切してほしい」というメッセージに変わることがあります。

このように単に過去の基準で語る昔話よりも、現代基準の視点で語られるほうが響くことでしょう。

次ページ20歳ごろの自分にアドバイスするように話す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT