ステイホームで開花した「ひとり遊び」の新潮流

若者たちは今どうやって遊んでいるのか

コロナ禍でステイホーム中の高校生や大学生は、家でもさまざまなトレンドを取り入れて一人遊びで楽しんでいるようだ(写真:左上/筆者提供、右上/筆者提供、左下/@tsunekawa_、右/littlerooms.jp
コロナウイルスの感染拡大は、私たちの暮らしと仕事の全体を大きく変えています。その変化はどこまで広がるのか。収束はいつなのか。元の世界に戻るのか、それとも後戻りできず新しい社会が始まるのか、はっきりとは見えない現在。それは若者たちも同じです。
将来の社会が見えない中で、彼らはいま何をして、どんなことを感じ、考えているのでしょう。ステイホームする現役高校生と大学生たちから、コロナ禍での過ごし方を聞いてみると、そこにはどんな状況でも創造性を発揮するマインドと、未来の社会のヒントが詰まっていました。

新型コロナウイルスの影響で、学校もバイトも休み。こうなると若者たちは家にいるしかありません。SNSはもちろんあるので、ネットを通じた普通のつながりに不便はないのですが、それだけではやっぱり面白くない。ならば、と若者たちは遊び始めました。どうやって?

彼らからいろいろな話を聞く中で浮かび上がってきたキーワードは、「一人遊び」でした。

おうちで“観る”

コロナの感染拡大で、アイドルやアーティストのライブやイベントは軒並み中止になっていることはご存じのとおりです。積極的なチームは無観客ライブなどのオンライン配信に移行。若者たちも、リアルで集まることができなくなったため、そうしたネット配信を観るようになっています。

YouTubeやインスタのライブ配信は、アーカイブに残らないことも多く、同じ時間をLIVEで共有するという特別感、レア感があるようです。とくにインスタのライブ配信は、スマートフォンを通して、ごく近い距離感で、一対一で一緒に過ごしている感じ、があるようです。

ジャニーズを観る

「キムタクが手を洗ってる動画や、KinKi Kidsの堂本光一さんがひたすら家の掃除をする動画など。有名な人の日常が観れるのは嬉しいです」(Kさん、21歳、大学4年生)

次ページ“家”の価値が大きくクローズアップされている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT