日本人は「みんなと一緒が好き」という大誤解

欧米と比べて集団主義的傾向が強いのは本当か

日本人が集団主義的なのは本当なのでしょうか?(写真:StudioR310/PIXTA)

「集団から個の時代へ」と言われる一方で、「個の時代なんてやってこない。あれはうそだ」という論説も見かけます。

論者によって「個」の定義がバラバラのため、混乱しているように思いますが、少なくとも私は、ドイツの社会学者ウルリッヒ・ベックが言うように「グローバル化に伴う脱伝統化によって、個人化する社会はいやおうなしに現れる」という論に賛成します。すでに、かつて人々の安心の拠り所だった地域・職場・家族といった集団的共同体が、近年大きく切り崩されているのは事実だからです。

この連載の一覧はこちら

そんな中、果たして集団主義的な日本人は対応していけるのか?という危機感を覚える人もいるでしょう。

しかし、本当に日本人は、集団主義的で「みんなと一緒」が好きなのでしょうか?

世界各国の国民性の違い

世界的に有名な「沈没船ジョーク」というものがあります。世界各国の国民性をおもしろおかしく表現したものです。

世界各国の人々が乗った豪華客船が沈没しかかっています。しかし、乗客の数に比べて、脱出ボートの数は足りません。したがって、その船の船長は、乗客を海に飛び込ませようとしますが……。さて、船長が各国の人を飛び込ませるために放った言葉とは何でしょう?

アメリカ人に対して・・・「飛び込めばヒーローですよ」
ロシア人に対して・・・「海にウォッカのビンが流れていますよ」
イタリア人に対して・・・「海で美女が泳いでいますよ」
フランス人に対して・・・「決して海には飛び込まないでください」
イギリス人に対して・・・「紳士なら海に飛び込めますね」
ドイツ人に対して・・・「規則ですので海に飛び込んでください」
日本人に対して・・・「みなさんはもう飛び込みましたよ」

思わず「あるある」と納得される人も多いのではないでしょうか。日本文化論的にも「日本の社会は欧米に比べて集団主義的な傾向が強い」というのは、海外でも知られています。が、はたしてそれは本当でしょうか?

次ページ調査結果を見ると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT