チケット完売!究極の野外レストラン

日本を味わう、五感体感ラグジュアリー

今回は、ファッションの話題ではなく、“Dining Out with Lexus”という究極の野外レストランイベントを通して、本連載の裏テーマのひとつである「ラグジュアリー」についてお伝えします。

 

大分県竹田でのDining Out with Lexus(写真:ダイニングアウト)

以前の記事で、ファッションにおける“ラグジュアリー”と“ブランド”についてお話したことがあります。ブランドであるがゆえにラグジュアリーなのか、ラグジュアリーであるがゆえにブランドなのか。何だか禅問答のようですが、高級ブランドにおいてはどちらも欠けてはならない両輪です。そして、同時にこうもいえます。ラグジュアリーなもののほうが、ラグジュアリーでないものよりもブランドになりやすい、ということです。

今回は「日本のどこかで数日だけオープンするプレミアムな野外レストラン」として知られるイベントを軸に、体感型ラグジュアリーについての話題。特別編となる本編は、ファッションについての話はお休みし、新たな「地域×食事÷ラグジュアリー」のあり方ををご紹介します。

数日間限定のプレミアムすぎる野外レストラン

「マディさん、究極の野外レストランイベントがあるのをご存じですか?」

PR会社のKさんと打ち合わせしていたある日のこと、本連載に詳しい彼女が、とても興味深い話題を提供してくれました。

当時、そのイベントについて知らなかった筆者は、興味津々。それがどんなイベントなのか、前のめりで詳しく話を聞きました。

Dining Out 祖谷 (写真:ダイニングアウト)

その名は、“Dining Out with Lexus”。博報堂DYメディアパートナーズが行うダイニングアウトをレクサスがスポンサードする、究極の野外レストランです。

次ページ限定感満載のダイニングアウトのすごさ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。