「女嫌いの女」は、幸せになれますか?

上野千鶴子氏vs.東大女子(第2回)

それが女同士だと、「実は私も……」と共感してくれる人が、必ずいます。「そうだったの、あなたもなの」「私だけじゃ、なかったのね」と思うようなことが、いっぱい出てくるんです。

こういうのを、「ウィメンズ・ロッカールーム・トーク」と言います。フェミニズムの世界では、「コンシャスネス・レイジング」とも言いました。女が人前で言ってはいけないとされること――たとえば生理やマスターベーションの話を口に出して聞いてもらえる相手がいた、女の経験をコトバにして、分かち合ったということ――その積み重ねが女性運動なのです。

今のあなたには、そんなニーズがないのかもしれない。だけど、「あなたもそうだったの」「実は私もなの」という発見や女同士の分かち合いの場が必要になるときが、いつか必ず来ます。そして、それができたとき、敵だと思っていた女の子が、味方だと感じられると思います。

そういう分かち合いは、総合職の女と一般職の女同士でも、できるはずだし、子どもを産んだ女と産んでいない女との間だってできるはずです。「産んだ女」も「産まない女」も、あのとき産んでおけばよかったとか、あるいはこの時期に子どもを産んでよかったのかとか、みんな、迷いながら生きているのよ。

女同士、話合えば、必ずわかりあえるものがあるの。そういう女同士の分かち合いって、あなた、必要だと思わない?

:そう言われると、いつか必要だと……思います。

上野:たぶん私の天敵だと思われている曽野綾子や櫻井よしこだって、林真理子さんだって、私、話合えば、きっと分かち合えると思うの(笑)。女同士でしか分かち合えないつながりは、主義主張の違いを超えて、必ずあるのです。そういったつながりを、大事にしてください。

:ありがとうございました。

※次回に続く。次回記事は6月23日(月)に公開予定です

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。