「女嫌いの女」は、幸せになれますか?

上野千鶴子氏vs.東大女子(第2回)

いずれにしても、バックラッシュは男を見分ける簡単なリトマス試験紙になるので、ハズレ男は相手にしなければいい。問題は、バックラッシュする女よね。それって、どういう人なのですか?

:一言で言うと、自分に自信がある人ですね。自分はちゃんとやっている。だから、ちゃんとやっていないのに、権利だけを求める女性が、同性として許せないって言う感じだと思います。

上野:それは、妄想系じゃなくて未熟系ですね。

学校というのは、タテマエ平等な社会ですから、差別を受けた経験がないのでしょう。偏差値競争に男女の差はありませんから、女性でも成績さえよければ、いわゆる「いい大学」に行ける。

でも、社会は学校と同じように平等かと言えばそうではありません。彼女には悪いけど、就活が始まったらほえ面かくなと言いたいですね(笑)。

だいたい、東大女子のようなお勉強のできる子たちは、能力主義に偏りがちです。そして、自分の能力は社会で正当に認められるものだと勘違いしている。

でも、データを見れば、そう思ってきた女たちが、その後、社会でどんな処遇を受けているかがわかりますよ。女子より出来の悪い男に内定が決まるのに、女子はなかなか決まらず、不況になればなるほど内定率のジェンダーギャップは拡大することは、否も応もない事実なのでね。学校にいる間はいいよね、アナタ脳天気で、と言ってやればいいんです。

「能力の主義」の女ほど、行き詰る

たまたまラッキーにも就活競争を勝ち抜き、名門企業に入った能力主義の女の、その後の話というのもあります。銘柄企業に入った総合職女性のその後のつまずきは?というと、妊娠と出産です。結婚なんて、目じゃないです。今どきの結婚なんて、男女の合宿生活みたいなものですから。結婚で、男は自分の人生を変えません。でも、妊娠と出産は女の人生をガラリと変えます。

出産は、女を弱者にします。もっと別の言い方をすると、女を身体障害者にします。女はベビーバギーを押した瞬間に、身障者になります。それは、「ベビーカー論争」や、企業の育休復帰者のその後の処遇を見ていればわかるでしょう。育児休業を取得して復帰した女は、戦力外通知を受けて二流の労働者になります。マミートラックにはまるのです。

私の学生だった新聞記者の女性が、総合職女子のその後について研究していますので、ちょっとお話して下さる?

新聞記者Bさん:私は今、総合職女性の出産後の経路を論文にしております。結論から言いますと、上野さんがおっしゃったように、能力主義を信じて「自分なら大丈夫」と思っている人たちのほうが、結果として辞めやすいという調査があります。

反対に、フリーライダーではありませんが、自分たちが当初あった意欲を出産後、うまく引き下げて仕事を継続している人たちのほうが、継続率は高いというデータがあります。

上野:つまりね、「能力主義の女」ほど離職率が高いの!

次ページ杉並区議が大炎上
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT