歴史を継承、日本橋ダイヤビルの快挙

新しいビルと古いビルを共存させる最新技術

地上18階建て、高差90メートルの日本橋ダイヤビルディング

「あれ、意外と小さいな」と思ってしまった。日本郵便の発祥の地である日本橋郵便局と、隅田川の支流である日本橋川に挟まれた、建設中の日本橋ダイヤビルディングを見上げた感想だ。地上18階建て、高さ90メートルが小さく見えるのは、このところメガストラクチャ(巨大建造物)ばかりを見てきたせいだろう。

ボクがこのビルの建設現場に興味を持ったのは、規模ではなく、歴史に理由がある。長い間ここに建っていた江戸橋倉庫ビルは昭和5年に建てられた、80年以上前のものである。その一部を残して建替えているのが、この日本橋ダイヤビルディングなのだ。

古いビルに新しいビルが載っているのではない

こちらが竣工当時の様子

どこが残された一部なのかは、外から見てもすぐわかる。地上5階までの、石造りでいかにもクラシカルなデザインの部分だ。船をモチーフにデザインされたと聞いている。工事が始まる前、屋上には、船橋のようなちょっと変わった形の物見櫓のような塔が、三菱マークと「トランクルーム」の文字が描かれた看板と並んでいた。

その上に、新しいビルが13階分載っかるのだろう。そんな風に思っていたのだが、それは大いなる勘違いだった。

建築主である三菱倉庫の方の案内で、まずは6階の建設事務所まで階段で上がる。これが非常にきつい。一段上るごとに脚が重くなり、口数が少なくなる。やっとのことでたどり着いた場所で、ボクは誤解に気付かされた。

次ページ新しい建物はどこに建っているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT