横浜プリンスホテル跡地に新しい街誕生

大規模分譲マンション隣接で貴賓館も復活

マリンタワーなど横浜の人気スポットも近い

経済産業省は今年2月届出分の新規出店予定の大型店舗を公表した(表参照)。それによれば、新規出店の届出があった大型店は62件で昨年同月比11件減になった。昨年10月以降4カ月連続で前年同月を上回っていたものの、今回は減少に転じた。

横浜プリンスホテル跡地にオープン

今月分の新規出店届出の中で、店舗施設ではなく、出店する場所自体が注目されるのが、来年2月27日オープン予定の「(仮称)横浜プリンスホテル跡地開発計画」(店舗面積1793平方メートル)である。

東京建物、東京急行電鉄、オリックス不動産、日本土地建物、伊藤忠都市開発の5社が共同で事業主となり、大規模分譲マンションを建設、その付帯施設として商業施設等が整備されるというもの。分譲マンションの名称は、東京建物のブランド名を冠した「Brillia City 横浜磯子」。分譲地の一角の商業棟に、首都圏の食品スーパー大手・マルエツがテナントとして入居する予定だ。

次ページ歴史的建造部も復活
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。