横浜プリンスホテル跡地に新しい街誕生

大規模分譲マンション隣接で貴賓館も復活

マリンタワーなど横浜の人気スポットも近い

経済産業省は今年2月届出分の新規出店予定の大型店舗を公表した(表参照)。それによれば、新規出店の届出があった大型店は62件で昨年同月比11件減になった。昨年10月以降4カ月連続で前年同月を上回っていたものの、今回は減少に転じた。

横浜プリンスホテル跡地にオープン

今月分の新規出店届出の中で、店舗施設ではなく、出店する場所自体が注目されるのが、来年2月27日オープン予定の「(仮称)横浜プリンスホテル跡地開発計画」(店舗面積1793平方メートル)である。

東京建物、東京急行電鉄、オリックス不動産、日本土地建物、伊藤忠都市開発の5社が共同で事業主となり、大規模分譲マンションを建設、その付帯施設として商業施設等が整備されるというもの。分譲マンションの名称は、東京建物のブランド名を冠した「Brillia City 横浜磯子」。分譲地の一角の商業棟に、首都圏の食品スーパー大手・マルエツがテナントとして入居する予定だ。

次ページ歴史的建造部も復活
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT