武漢を蔑む日本人は「中国人の本質」を知らない

彼らは幸せで「自分たちは強い国」と思っている

武田:日本はコロナ禍になってから、文化芸術に対するケアが手薄いのではないか、という議論が起こりましたが、中国はどうだったのでしょう?

飯塚:習近平体制になってから、創作や言論に関わる人たちにとっては生きにくさが確実に強まっています。そういう中で、コロナの問題が起こったわけです。余計書きにくいですし、書くとしたらコロナを封じ込めた成功体験みたいなものを書くことがいまは求められています。そういう雰囲気、空気感はあるでしょう。

国家を支持する「プラスのエネルギー」

武田:昨年出た、梶谷懐・高口康太『幸福な監視国家・中国』(NHK出版新書)を読んでとても印象的だったのは、「習近平体制になってから登場した言葉に『正能量(ポジティブ・エネルギー)』というものがあります。

ネットにネガティブな言葉を流通させるのではなく、ポジティブな言葉を流通させて、社会を肯定的に捉えるという雰囲気を保とうという意味です。(中略)この目的はかなりのレベルで果たされているように思われます」と書かれていたこと。本当にそうなのかなと思っていたのですが、この「ポジティブ・エネルギー」が、コロナ禍で機能してしまったということなのでしょうか?

飯塚:その言葉は、『武漢日記』でも頻繁に出てくる一種のキーワードです。私たちの訳では「プラスのエネルギー」としました。「プラスのエネルギー」と「マイナスのエネルギー」。この言葉は本当に流行語の1つです。方方さんに対する批判として、「プラスのエネルギーに欠けている」「おまえの書いているものはマイナスのエネルギーにほかならない」という言い方がたくさん見られました。

武田:日本では、安倍さんが辞意を表明すると「まずはお疲れさまを言おう」みたいな雰囲気に包まれましたが。

飯塚:「病気でやめた人の悪口を言うのはよくない」とか「オリンピックなんかできない、などと言うのは国賊だ」みたいなのと同じレベルの話じゃないかと思います。

武田:中国の場合は、その「プラスのエネルギー」が国家の力を増大させるために整備されている、ということですね。

『武漢日記 封鎖下60日の魂の記録』(河出書房新社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

飯塚:それを支持する一般の人たちがいるからです。自分たちの国は強いんだ、どんどん発展していくんだ、と思いたい人が多いんだろうと思います。一概に否定はできません。そういう思いと「プラスのエネルギー」という考え方が合致して、力を持っているのでしょう。

武田:新型コロナウイルスの発生源についてさまざまな説が飛び交っていますが、中国から感染が広がっていったことは事実で、トランプ大統領などは、わざと「チャイナウイルス」と言うし、日本でもわざわざ「武漢肺炎」と書く人もいる。そういった視線を外からぶつけられる中で、その「プラスのエネルギー」が自信を失っているというか、しょぼくれている感覚などあるのでしょうか?

飯塚:いや、そんな感じはまったくないです。とにかく、あれだけひどかった感染を短期間に終息させたんですから、すごいことはすごいんですよね。それができない国もあるわけですから、そうした部分をたたえたくなる気持ちが自然にあるんだろうと思います。

(後編へ続く)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT